どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《穴馬予想も》”天皇賞春”の過去データから有利枠や2023年の傾向を分析

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
今年は京都競馬場で行われる、

”天皇賞春”のレース傾向を分析します!

3200mの長距離G1レースでして、
京都競馬場の目玉が今年から帰ってきます。

前までと一緒の予想でもいいのか。

ということもありますが、
ここ10年の中での過去レース傾向として、
2023年の穴馬さんまで予想していこうと思います。

大きく荒れることはないですが、
京都だからこそ好走できるお馬さんもいますので、

しっかり予想を固めていきましょう。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”天皇賞春”の有利枠・レースから穴馬を
過去データ傾向から2023年の予想も

 
まず天皇賞春とは、
4月に京都競馬場で開催される
外回り3200mのG1レースとなります。

京都競馬場が改修で長期間の休みで、
復活してのレースとなりますので、

予想は難しいところではありますが、
過去行われていた京都コースのレースなどから、

この傾向を見極めていこうと思います。

donchan-img
どんちゃん

長距離の京都競馬場は盛り上がるよ..!

 

京都競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり京都競馬場外回りと言えば、
水準以上のスタミナ長い直線

この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 京都競馬場のコース特徴はこちらから

”天皇賞春”のレース傾向

基本的な勝ち馬さんとしては、
カーブを曲がり切った時点前につけたお馬さんです

もちろんこの長距離を嫌って、
スローペースになればこれが特に謙虚に出てきます。

ただそれでは勝てないお馬さんもいるので、
一気に勝負をかけたお馬さんが多い年は、

ハイペースになっていることもあります。

なのでこれはレース展開というか、
その時のお馬さんの並びで予想していきましょう

レース展開としては、
ポジション取りが前半行われた後は、

最終のカーブまではロスなく回り、
最終カーブの坂を登った直後下りながら

一気に加速をつけていきます。

このタイミングがかなり大事なので、
勝ってる騎手さんを見てもベテランが多いのが特徴です。

”天皇賞春”のお馬さん傾向

前残りも考えながら、
追い込み競馬も狙えるお馬さんということで、

どちらにしても、
長距離適正スタミナが必要なレースです

京都コースは最後の直線にも坂がないので、
とにかく先行馬にも有利な条件は整っています。

とは言えそれまでに疲弊していれば、
最後のカーブから追い込んでくるお馬さんに捉えられ

一気に失速してしまうなんてこともあります。

なので先行馬さんのポイントとしては、
どこまでスタミナが持つお馬さんなのか。

そして追い込み馬さんは、
どんなペースなら前に追いつくことができるのか。

そんな部分を予想するといいかもしれません。

有利枠からの分析

ということでまずは有利枠。
こちらから確認していきましょう。

京都競馬場で行われた
2013〜2020年のデータを参照しています

  • 1枠 2-1–1-10
  • 2枠 1–1–0-12
  • 3枠 1-1–1-12
  • 4枠 1–1–3-10 
  • 5枠 0-1–0-15 
  • 6枠 1-2–1-12
  • 7枠 1-1–1-16
  • 8枠 0-1–1-19

まず内枠には数字が出ていますが、
ここは有利と不利がある枠だと思っていて、

先行さえ出来ればプラスですし、
後ろから行くお馬さんに関しても、

開幕2週目の内ラチ沿いには不利が少ないです。

ただ包まれてしまって、
前が止まってしまえば加速が途切れる可能性もあるので、

ポジション取りの点では、
諸刃の剣と言えるでしょう。

したがって強い枠としては、

  • 4枠1枠6枠

 
1枠は極端にいい枠だと思いますが、
穴馬さんは4枠からの方がよく出ています。

その内枠の動きを見つつ、
どのようにレースをするか選択できるのが強みです。

更にそれを見れる外枠。

極端でなければ穴馬さんとして狙い目でしょう。

また弱い枠としては、

  • 8枠5枠7枠

 
5枠が弱い意味が分かりませんが、
まったく馬券内にきていません。

理由こそ不明ですが、
オカルト的にはプラスには見れないでしょう。

それと外枠は単純に京都競馬場の2週目は厳しく、
とんでもないスタミナとスピードを持ったお馬さんでない限りは、

特にマイナスで見ていきましょう。

donchan-img
どんちゃん

京都競馬場の長距離G1の復活ね..!

 

”天皇賞春”で狙える得意騎手は

京都外回り3200m。

かなり特徴のあるコースとなっていますので、
得意な騎手さんになりますと実力はまったく違ってきます。

特にベテランの騎手さんさんが強く、
あまり若い騎手さんが活躍できていないところはポイントです

そこで一番狙いたい騎手さんとしては、

  • 武豊騎手
  • 京都競馬場と言えばこの方?!
  • 長距離×京都競馬場が一番輝く?!

2017年以降は成績を落としていますが、
京都競馬場が得意なレジェンドならいつでも狙い目でしょう!

次に考えられますのは、

  • 戸崎圭太騎手
  • 追い込み馬さんを扱わせればかなりのもの?
  • 狙いすました騎乗がどこまで通用するか

重賞での成績は素晴らしいものがあり、
2〜3着なら狙えるか。

最後に穴として狙いたいのは、

  • 北村友一騎手
  • G1レベルの重賞で穴をあける存在
  • 最近は人気がないながらも結果を残す..!

 

思いっきりのある騎乗だからこそ、
狙っていける部分があります…!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…。

 

”天皇賞春”で有利枠以外の考え方
過去データと傾向から考えるオカルト穴馬予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!

京都競馬場は久々の開催ですので、
まだまだデータも少なく大変ですが、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

この2点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!
 

強い血統は?

やはり長距離血統ということで、
これまで勝ったことがある血統を中心として、

狙い目を定めていきましょう。

2013〜2020年において見てみますと、
全馬がサンデーサイレンス系統の血統となっています

そこからは産駒としては、

  • ディープインパクト系産駒
  • ステイゴールド系産駒
  • ハーツクライ産駒

 

この3種類がほとんどです。

母父はかなりバラバラですが、
ノーザンダンサー系統が多いように思えます。

特に欧州血統が多いので、
長距離には向いているのかもしれません。

対象馬さんとしては、

  • アイアンバローズ
  • オルフェーブル×母父ノーザンダンサー(欧州)
  • ジャスティンパレス
  • ディープインパクト×母父ノーザンダンサー(欧州)
  • ディープボンド
  • キズナ×母父キングヘイロー(欧州)
  • トーセンカンビーナ
  • ディープインパクト×母父ミスプロ系統(欧州)
  • メロディーレーン
  • オルフェーブル×Motivator(欧州)

 

人気馬さんももちろん入りますし、
ここで京都で変わるお馬さんもいると思いますので、

ここで見極めていきましょう。

またナスルーラ系統も少ないながらも、
母父に持っているタイプは来ていますので、

更に狙いたいお馬さん2頭として、

  • アスクビクターモア
  • ディープインパクト×母父ナスルーラ系統(欧州)
  • シルヴァーソニック
  • オルフェーブル×母父ナスルーラ系統(欧州)

 

人気どころで血統も良しと、
そこまで荒れるレースとならないかもしれませんね…。

前レースとの関係性

やはり基本は2500m以上の重賞での実績馬。

ここは間違いないところあり、
G2以上阪神大賞典での掲示板内は実績として欲しいところです。

前走からの流れで考えれば、

  • 日経賞
  • 阪神大賞典

 

ここからの好走馬さんが目立ちますので、
しっかり押さえておきましょう。

対象馬さんは、

  • 阪神大賞典
  • ジャスティンパレス 1着
  • ボルドグフーシュ 2着
  • ブレークアップ 3着
  • アフリカンゴールド 4着
  • ディープボンド 5着
  • 日経賞
  • タイトルホルダー 1着
  • ディアスティマ 3着

 

この辺りから勝ち馬さんは出ると思いますし、
実績的に言っても間違いはないお馬さんが多いです。

また過去の菊花賞。
3歳馬さんの長距離戦にて1着のお馬さん

勝ち馬さんはそんなお馬さんが多いので、
ここでは過去のデータも注目しておきましょう。

対象馬さんとしては、

  • 2022年1着アスクビクターモア
  • 2021年1着タイトルホルダー

 

日経賞でも勝負した両者ですが、
ここでも1着争いとなる可能性はあります…!

まとめ:2023年の”天皇賞春”の予想も
様々なデータから有利枠やレース傾向を調査

 
ついに帰ってきた淀の長距離戦!

まだまだ芝も予想不可能な部分も多いですが、
そこまで過去傾向からも変わりない。

という仮定を元に予想していきました。

長距離戦自体がそこまでないので、
血統その他のデータが特に大事になってきます

しっかり集めれるデータは集めて、
本番に臨んでいきましょう!!

そしてあとは当日に、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”天皇賞春”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!