どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《2023年の穴馬》”クイーンS”の過去データから血統傾向や有利枠を予想

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

夏競馬のみで使われるコースである、
札幌競馬場で行われる牝馬限定線。

”クイーンS”のレース傾向を分析します!

過去10年のレースを見ますと、
大きく荒れることこそないですが、

中穴ぐらいのお馬さんが絡むことはあるようです。

そんなレースで勝てる馬券を、
血統傾向や有利枠などを予想することにより、

2023年の穴馬さんまで分析していこうと思います。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

 
この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”クイーンS”に有利枠から穴馬予想
過去レース傾向から2023年のデータを

 
まずクイーンSとは、
7〜8月に札幌で開催される

G3,1800mのレースになります。

芝は洋芝でもありますし,
まだまだ開幕してから時間が経っていないため、

トラックバイアスなどの予想も必要でしょう。

donchan-img
どんちゃん

難しい夏競馬を勝ち抜こう…!

 

札幌競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

珍しい超平坦コース理解しておきましょう!

 ➡︎ 札幌競馬場のコース特徴はこちらから

”クイーンS”のレース傾向

ペースは割とバラバラになっていて、
そのお馬さんの並びによって変わりそうです。

今年は明確に逃げたいお馬さんもいないので、
スロー気味のミドルペースになるのでは?

と予想しています。

とは言えコース自体の傾向では、
逃げや先行が強いことがありますので、

先行争いの面からも予想していきたいです。

なのでどちらかというと、
前よりのお馬さんに狙い目を立てつつ

その中での洋芝適性や、
現在の少し高速化した馬場の中での勝てるお馬さん

として考えていくと、
割と勝ち馬さんは予想しやすいかも…!

”クイーンS”のお馬さん傾向

逃げや先行も残りやすいですし、
前に出ないと勝てないようなイメージもあります

ただ勝ち馬さんに関しては、
割と中団からの差しに集まる傾向があります

やはり前の意識が強い中で、
どれだけを脚を溜めてバテたところを狙えるかは鍵ですし

平坦コースで息を入れる暇も少ないので、
計画的に考えていく必要はあるでしょう。

したがって普段馬なりからの追走で、
最後の加速持続力が素晴らしいお馬さん

この洋芝の上では必要になってきますので、
スタミナ加速力は注意して見てみましょう。

”クイーンS”の有利枠傾向

まずは札幌競馬場で行われた、
頭数13頭以上で行われたレースを、

今から遡って過去10年分のデータとなります。

  • 1枠 2–1–1-6
  • 2枠 3–1–2-4
  • 3枠 1–1–1-14
  • 4枠 0–2-2-16 
  • 5枠 1-1–2-16 
  • 6枠 1-1–1-17
  • 7枠 1-1–0-18
  • 8枠 1-2–1-16

 
このレースはフルゲートで14頭となっていて、
1、2枠の出走数が各年で一頭しかいないものの、

数字として他と遜色ないものになっています

開幕週に近い馬場状況で、
キレイな内を不利なく進みつつ、

内からでも伸びきったお馬さんが勝っています。

もちろん折り合いが悪かったり、
普段外回し絶対みたいなお馬さんには合わないですが、

最後の短い直線の中では、
内内を進んで最後に抜け出して最短距離で差す

というレースがハマれば、
勝ちには近づくのは間違いないでしょう。

したがって強い枠は、

  • 2枠1枠8枠

 
内は強い状況なのは間違いなく、
それがあるからこそラチ沿いには殺到するでしょう

ただその中でじっくり戦況を見れる8枠

少しでもペースが早くなるなら、
差し脚をしっかり持っているなら穴をあける可能性まであります。

外だからと言って無視せずに、
1発あるお馬さんが入ったなら狙ってみましょう。

そして弱い枠としては、

  • 7枠6枠3枠

 
3枠に関しては、
不利があるとは思えませんが、
内2枠が強いとなっている以上は、

その外はレースの仕方が難しく、
更に外から殺到するお馬さんがいると思うと、

埋もれやすくなってしまうでしょう。

ただそこまでマイナスで見ずに、
内2枠と外6枠ぐらいに分けて考えていいと思います..!

donchan-img
どんちゃん

データはデータだけど無視できないのです・・!

 

”クイーンS”の得意騎手は

この北の舞台で活躍する騎手として、
一番狙いたいところは、

  • 池添謙一騎手
  • 重賞になると強い騎手さん
  • 2022年は勝率も全体でも上位…!

 
人気馬に乗ってはいるのですが、
2011年から1着を3回と爆発的な結果を持っています。

どちらかというと札幌は得意なようで、
穴馬さんでも狙っていいかも..!

次に狙いたいのは、

  • 横山武史騎手
  • 2022年の札幌リーディング騎手
  • 間違いなくトップジョッキーの1人に?!

 
2022年は勝率22%であり、
最近ではG1も当たり前のように好走しています。

切る選択も難しい騎手さんなので、
乗るお馬さんに可能性があるなら、

ヒモとしては間違いなく考えてみましょう

そして穴馬を狙える騎手としては、

  • 丹内裕次騎手
  • 北のルメールと呼ばれるぐらい騎手さん
  • 2022年は勝利数2位と結果も出ています

 
あまり強いお馬さんに乗らない中で、
これだけの成績を出していますので、

函館・札幌は狙うべきところでしょう..!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう..!

 

”クイーンS”で血統傾向から分析
過去レースから2023年の穴馬予想も

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!

札幌競馬場は夏しか使われなくて、
データこそそこまで多くはないですが、

ローカルならではの面白さがあり、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 臨戦過程に注目
  • 強い血統とは
  • 前レース成績との関わり

 
この3点見てみましょう!
JRAの公式分析はこちら!

臨戦過程は?

こちらは公式分析からとなりますが、
どのような流れを組んでレースに挑んでいるか。

という点です。

ここからは公式分析そのままですが、

  • ローカル競馬場以外からの参戦
  • G1の出走経験あり
  • 1800m以下オープン以上のレースで、
     1年以内に3着以内の経験あり

 
この3点で絞っていこうと思います。

対象馬さんとしては、

  • イズジョーノキセキ
  • キタウイング
  • コスタボニータ
  • サトノセシル
  • ドゥーラ
  • トーセンローリエ
  • フィアスプライド
  • ライトクオンタム

 
この8頭はプラス条件は多いですが、
3歳馬さんは同条件には当てはまりにくく思いますので、

特に注目したい対象馬さんは、

  • イズジョーノキセキ
  • コスタボニータ
  • サトノセシル
  • フィアスプライド

 
この4頭はマイナス条件なしです…!

強い血統は

基本は2通りの血統傾向がよくきていて、

  • ノーザンダンサー×母父サンデー
  • サンデー×母父ノーザンダンサー
  • ミスプロ×母父サンデー

 
この流れがあります。

割とこのようなスピード系統が強くなり、
結果が出しているイメージとなっています。

産駒としては、

  • クロフネ産駒
  • Frankel産駒
  • ハービンジャー産駒
  • ステイゴールド系産駒
  • ヴィクトワールピサ産駒
  • マンハッタンカフェ産駒
  • ルーラーシップ産駒
  • キングカメハメハ産駒
  • ドゥラメンテ産駒

 
札幌1800mにおいても結果が出ているこの辺り、
洋芝適性としても狙ってもいいと思います。

対象馬さんとしては、

  • カヨウネンカ
  • ゴールドシップ×母父ゼンノエルシド
  • ルビーカサブランカ
  • キングカメハメハ×母父ダンスインザダーク
  • エーデルブルーメ
  • ハービンジャー×母父アグネスタキオン
  • グランスラムアスク
  • ディープインパクト×母父Storm Cat
  • ビジン
  • キズナ×母父Giant’s Causeway

 
またちょこちょこ穴をあける血統として、
母父のナスルーラ系統にありますので、

  • ウインエクレール
  • コスタボニータ

 
この2頭は穴馬さんとなり得るかも..?!

前レースとの関係性

基本的には結果関係なく、

  • マーメイドS
  • ヴィクトリアマイル

 
からの参戦馬さんは、
割と結果を出す傾向にあるようです。

その他では単純な話ですが、
牡馬混合重賞で連帯したお馬さんは、

ここでも普通に強い可能性が高いです。

対象馬さんとしては、

  • マーメイドS
  • ビジン 6着
  • シャーレイポピー 13着
  • ヴィクトリアマイル
  • イズジョーノキセキ 15着
  • 牡馬混合重賞で5着以内
  • サトノセシル
  • 福島記念ー2着
  • ライトクオンタム
  • シンザン記念ー1着
  • ルビーカサブランカ
  • 函館記念ー2着
  • チャンレンジCー2着
  • ミスニューヨーク
  • 京成杯AHー4着
  • 中京記念ー4着

 
やはり牡馬と戦って強いお馬さんは、
牝馬限定戦ではかなりの強みを誇ります。

勝ち馬さんはこの中から出ても不思議ではありません。

まとめ:2023年”クイーンS”の穴馬予想
過去データから有利枠や血統傾向を分析

 
色々な面からクイーンSを考察しました!

夏の牝馬限定戦となりまして、
夏は牝馬という中でここは狙い目とするお馬さんも多いです

普段強くないお馬さんでも、
ここではかなり強いレースをすることがありますし、

この場で活躍できるお馬さんを選んでいきましょう。

ただ過去10年のレースおいては、
そこまで荒れるレースではないことからも、

人気馬さんにはある程度忠実に、
強いお馬さんは強いで考えていきましょう。

これらのデータで事前予想しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

 
などでお馬さんのやる気を確認すれば、
ある程度のレベルまで予想することはできるでしょう。

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”クイーンS”

データからのおすすめのお馬さんは、

  • サトノセシル
  • ルビーカサブランカ
  • エーデルブルーメ

 
この3頭は強めに考えていきたいです。

実際のお馬さん評価としては、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!