どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《2023年穴馬は?》”帝王賞” 過去レースの血統・有利枠から勝てる予想を

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
大井競馬場で行われる2000mの交流重賞。

”帝王賞”のレース傾向を分析します!

地方開催ということで、
普段中央をしている人には分析しにくいレースだとは思いますが、

過去データなどにより、
血統・有利枠などから勝てる予想をしていこうと思います。

2023年は荒れるレースとなるのか、
穴馬さんの予想も含めて考えていこうと思います。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

 
この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”帝王賞”の有利枠から穴馬を
過去データから2023年のレース傾向予想

まず帝王賞とは、
今年は6月に大井競馬場で開催される、
外回り2000mの地方G1レースとなります。

地方競馬とはいえ、
割と広いコースという特徴もあり、

直線での末脚勝負となったり、
風によっては差しが不利となってしまったり

予想が難しい部分は多々あります。

レース傾向や血統傾向からも、
大井競馬場で勝てるお馬さんを選び出していきましょう。

donchan-img
どんちゃん

ここで実力を発揮するお馬さんも少なくはありません..!

 

”帝王賞”のレース傾向

ダートの地方コースでの2000mということで、
外外を回していると難しいコースとなっています。

ペースとしては、
ミドル〜ハイペースとなることが多く、

初めの直線が長いとは言え、
逃げ争いから早いペースとなることが多いです

外を回して最後の長い直線において、
末脚勝負をした強いお馬さんでも、

レースになっていないことからも、
できるだけ最後の直線までは脚を溜めて、

  • 早めに追い込みをかけていく
  • 内からロスなく抜け出して伸びていく

 
どちらかが勝ちパターンだと思います。

”帝王賞”のお馬さん傾向

まず逆に向かないお馬さん傾向としては、
末脚一気タイプは向いてないように感じます

あのオメガパフュームですらも、
晩年では3着や着外になっていることからも、

末脚タイプというよりかは、
先行しても長い脚を使えるタイプ

後ろから長く追い込みの脚を使えるタイプ

どちらかに注目していきたいと思います。

このレースに関しては、
他の交流ダート重賞とはレベルの違いもあって、

しっかりお馬さんの能力を活かせる舞台か。

そんな部分も考えてみるといいでしょう。

有利枠からの分析

有利なレースに進めるための枠の考え方。
大井競馬場開催2013~2022年までをデータとしてまとめました。

  • 1枠 1-1–1-8
  • 2枠 1–2–1-8
  • 3枠 2–0–1-11
  • 4枠 2–0–2-11 
  • 5枠 1-2–0-15 
  • 6枠 1-2–2-14
  • 7枠 0-2–1-16
  • 8枠 2-1–2-15

 
基本的には内と外で分けたときには、
内の方に有利が感じる舞台とはなっています。

ただ外からも追い込みが決まったり、
抜け出せずに負けるということがないので、

後ろからでも苦にせず、
途中から上がって行けるようなお馬さんは外枠がいい場合もありますが、

基本的には内からの抜け出しが強い。

ぐらいに思っておくほうがいいかもしれません。

したがって今回強い枠としては、

  • 4枠3枠6枠

 
外がただ弱いというわけではないですが、
逃げや先行タイプが外に入った場合は、

少しマイナスになると思います。

基本的には内から中枠辺りに入って、
きれいに抜け出せる状況が一番プラスだと思います。

また弱い枠としては、

  • 7枠2枠

 
地方のダートは中央よりレースが多く、
その場で確認する必要が出てきますので、

事前のレースなどで、
トラックバイアスをつかんでおくといいかもしれません…!!

donchan-img
どんちゃん

地方競馬場は難しいね…。

 

”帝王賞”で狙える得意騎手は

地方競馬のレースになりますと、
そこまで得意な騎手さんも出てこないと思いますが、

結局勝つのはほとんど中央勢のお馬さんで、
それに跨るのは中央の騎手さんになっています。

そんな部分も少しみていきましょう。

過去のレースを見ていきますと、

  • 武豊騎手
  • 幸英明騎手

この辺りはベテランの力を見せつけて、
昔はよく勝っていた記録があります。

しかし最近は不調気味でして、
ちょっと軸にはしにくいところがあります。

そこで馬券内という意味なら、
最近地方戦線では無双しています。

  • 川田将雅騎手

 
今年も乗ってくるなら、
しっかり仕上げられたお馬さんにまたがり、

いい結果を残してくれると思っています。

donchan-img
どんちゃん

絶好調な騎手さんはすごいよ…!

 

”帝王賞”での2023年の強い血統とは
過去データとレース傾向からオカルト穴馬予想

さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い。

のようなデータを見ていきましょう!
大井競馬場は交流重賞で多く使われるコースですので、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 馬年齢による成績
  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

 
この3点見てみましょう!
本家分析はこちら!

馬年齢がレースに与える影響とは

まずは公式のデータよりですが、
馬年齢で割と偏ったデータが出ています。

そのまま引用しますが、

  • 4歳 5-3–1-11
  • 5歳 2–3–1-20
  • 6歳 2-1–1-20 
  • 7歳以上 1-3–7-47

 
なんと4歳のお馬さんの勝率が25%で、
連対率に関しては40%を超えた数値になっています

活躍している4歳馬さんがいるなら、
そこは間違いないというところです。

あとは毎年出走しているような7歳以上のお馬さん

大舞台で好走していたり、
過去の帝王賞において結果を出しているお馬さんは、

ここでも2、3着に入りやすい傾向があるので、
必ずヒモには入れておきましょう。

強い血統は?

大井競馬場の2000mのレースを見ると、

  • ゴールドアリュール産駒
  • フォーティナイナー産駒

 
この辺りが強いようです。

複勝率で見るなら、
パイロ産駒もいいものがありますので、

ヒモとしてはいいところだと思います

またJRA勢を加えた交流重賞までみると、
ミスプロ系統の好走も目立っています。

こちらも併せて考えていくと、

  • パイロ産駒
  • ランリョウオー
  • メイショウハリオ
  • ミヤザキオウ
  • キングカメハメハ産駒
  • ジュンライトボルト
  • 母父ミスプロ系統
  • クラウンプライド
  • ノットゥルノ
  • ドスハーツ

 
その中でもやはりJRAということで、

  • メイショウハリオ
  • ジュンライトボルト
  • ノットゥルノ
  • クラウンプライド

 
この4頭は血統面からもみていきたいです。

前レースとの関係性

ここに関しても適正という意味もあって、

  • 1800m以上の重賞実績
  • 地方交流重賞の実績

 
もっと細かく考えていきますと、

  • 平安S
  • アンタレスS
  • かしわ記念

 
この辺りで3着以内に入ったお馬さんは、
当たり前のように好走する傾向にあります。

ドバイやサウジに関しては難しいですが、
ここに関してはそこでどんな活躍をしたか。

プラス輸送慣れという点を考えていきます。

この対象馬さんとしては、

  • 平安S
  • ハギノアレグリアス 2着
  • アンタレスS
  • プロミストウォリア 1着
  • かしわ記念
  • メイショウハリオ 1着

 
この3頭から優勝馬が出るのでは?

とぼく自身は考えています!!

まとめ:2023年の”帝王賞”の穴馬予想も
過去データから血統・有利枠やレース傾向を調査

 
色々な面から、
帝王賞を考察しました!

ダートG1の1つであるレースで、
かなりレベルが高いレースとなりますので、

JRA勢がほとんどを占めています。

地方馬が入ることもありますが、
元中央で走っていたようなお馬さんが多く、

穴馬さん指名にするとしても、
過去G1で好走したお馬さんは選ぶべきです

当ブログからはデータ+で、

  • プロミストウォリア
  • クラウンプライド
  • メイショウハリオ

 
この3頭をおすすめしていこうと思います。

この辺りは配当も狙えそうですので、
少し買っておくと良いかもしれません。

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

 
などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”帝王賞”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!