どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《2023年穴馬予想》”新潟大章典”の過去レース傾向から有利枠や血統分析

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

年に数回しかない、
新潟競馬場での重賞となります!

”新潟大章典”のレース傾向を分析します!

新潟大章典はG3レースとなりまして、
ハンデ戦となもなるため割と荒れることが多いレースです

新潟競馬場のコース特徴もあり、
分析すべきところはしっかりあります。

過去レースの傾向や、
実際に出るお馬さんをしっかり調べ、

有利枠や血統などを分析することにより、
しっかり2023年の穴馬さんや勝てる馬券を勝ち取っていきましょう。

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”新潟大章典”の有利枠と穴馬は?
過去データから2023年のレース傾向を予想

 
まず新潟大章典とは、
5月に新潟競馬場で開催される
2000mハンデ戦G3重賞レースとなります

ハンデ戦なので斤量の差は大きく、
軽ハンデの人気薄が突然勝ったりと、

高配当狙いとしては入りたいレースとなっています

ただ新潟競馬場は芝の育成が難しいこともあり、
馬場の状態を見極めるのも1つ大事なことになっています。

そんなところも含めまして、
勝ち切るための予想をしていきましょう。

donchan-img
どんちゃん

馬場状態はこの時期一番大事ね…。

 

新潟競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

地方競馬場のような特徴もあり、
コースの特徴から掴んでおきましょう!

 ➡︎ 新潟競馬場のコース特徴はこちらから

”新潟大章典”のレース傾向

まずペースから見てみますと、
初めの直線が長い珍しいワンターンの2000mということで、

スローペースからの直線勝負

というレースが多くなっています。
とは言え直線も長いので前残りするレースは多くなく、

ミドル〜ハイペースになったここ3年含めて、
中団ぐらいからの差しが決まっている傾向にあります

後方からの末脚勝負をする場合ですと、
最後進路が綺麗にあかないこともあって、

新潟のレースとは言え、
最後方からの末脚勝負で勝ったのは数頭です

そして中団からの長い末脚が必要なので、
加速持久力勝負なってくるレースも多いです。

馬場状態も大事になってくるので、
直前のレースで馬場読みもしっかりしておきましょう。

”新潟大章典”のお馬さん傾向

この1ターンのコースということで、
常にスピードを出すことが求められるレースなので、

瞬発力重視というよりかは、
持久力に優れたお馬さんが勝つ印象です

スピードが極端に緩むことはないレースもある中で、

タフさを見せたお馬さんが勝っているので、
どちらかと言えばお馬さんのパワーを信じていきたいですね。

またハンデ戦なこともあり、
G1戦線で活躍したようなお馬さんでも、

重い斤量を背負わされると、
このタフな舞台は合わない可能性があります

なのでこれまで見せた能力というよりかは、
ここでどれぐらいのパフォーマンスを見せられるか。

そちらを重視していきましょう。

”新潟大章典”の有利枠

それではまず新潟大章典の枠ごとのデータ。
過去10年のものを使っていますので、

ここから考えていきましょう。

  • 1枠 2–1–1-14
  • 2枠 1–2–1-15
  • 3枠 1–2–2-15
  • 4枠 0–1–0-19 
  • 5枠 3-1–0-16 
  • 6枠 1-2–2-15
  • 7枠 0-1–2-17
  • 8枠 2-0–2-16

とにかく有利枠予想としては、
バラバラな結果となっているのが分かります。

初めの直線もかなり長いので、
ポジション争いは割と後からでもなんとかなるので、

自分の付けたいポジションつけやすい枠

という考え方でいいと思います。

ただ極端に内が勝つ年があったり、
5枠のお馬さんがよく勝つことも見ると、

あまり外すぎない枠の方が有利に見えますが、
しっかり強い末脚を持っているお馬さんは、

外枠から不利なく抜け出して
2〜3着に入るケースはありますので、

あまり枠は重視しないでいいかもしれません。

したがって強い枠としては、

  • 5枠1枠8枠

 
極端な枠が結果を出していますので、
馬群にのまれてロスすることがマイナスになります

なのでどの枠だったとしても、
ロスなく競馬ができそうならプラスになるのだと思います。

また弱い枠としては、

  • 4枠7枠

 

5枠が強くなることで、
4枠が弱くなる流れが1つに見えますが、

7枠は中途半端な枠というのが、
マイナスな要素となっているのかもしれません。

donchan-img
どんちゃん

お馬さんの並びも大事なのね…!

 

”新潟大章典”の強い騎手

ここは新潟競馬場の2000m。
こちらが得意なジョッキーさんも見ていきましょう。

まず新潟においては、
一番押さえておきたい騎手さんの1人。

  • 津村明秀騎手
  • 過去レースでは10番人気を1着に
  • 新潟競馬場では素晴らしい成績!

 

騎手人気はしないものの、
重賞でも結果を出すことがよくあります

思い切った騎乗をするので、
昔強かったお馬さんに乗ったら面白い結果も…??

そして次に狙いたいのは、

  • 菅原明良騎手
  • 地方の穴馬を狙うならこの方から..!
  • 最近は重賞級のお馬さんも回ってきています!

 

今回乗るのは継続騎乗の”カラテ”
手が合っているのか結果もずっと出ていますし、

乗り替わりでないこの流れ信じていきたいところです..!

最後に穴目としては、

  • 北村友一騎手
  • 正真正銘のG1騎手さん
  • 怪我から復帰してからそろそろタイトルが欲しいか

 

このメンバーでは腕は間違いなく上位です。

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう..!

 

”新潟大章典”で有利枠以外の考え方
過去データと傾向からオカルト穴馬予想も

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!
新潟競馬場のような特徴を持っていると、

普段戦えないお馬さんも、
ここで突然強くなる可能性もあるレースですので、

最終的に大事になってくる、
絶対に無視してはいけないオカルトです!

この辺りも理解する必要があるでしょう。
そんな特徴もまとめてみます!

色々な視点から分析しないと、
勝てるお馬さんは見つけられません!

  • 斤量とレースの関係
  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

 

この3点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

斤量とレースの関係性

ハンデ戦ということですので、
まず斤量の壁は大事なものとなってきます。

今回も54〜59キロまでありますので、
かなり不利となってしまうお馬さんもいます

そんなデータから見てみましょう。

  • 53.0以下 0-0–0-12
  • 54.0 2-1–2-21
  • 55.0 3–2–4-29
  • 56.0-56.5 2–2–4-30
  • 57.0-57.5 3-5–0-30
  • 58.0以上 0-0–0-4

 

今年は更に斤量がプラスされ、
軽量のお馬さんが更に少なくなっています。

そして元より高ハンデのお馬さん。
58キロ以上は少しマイナスとなるデータとなっていまして、

今年は59キロ以上の出走となりますので、
よっぽどのお馬さんなら狙っていけるところでしょうが、

ここ10年では好走が出ていないことからも、
タフなコースでは斤量とのバランスが重要だと言えます

他のデータは揃っていますので、
その分軽い斤量にメリットは大きいと思います。

もし斤量が軽くて
好走を続けているお馬さんがいるなら、

ここは狙ってみてもいいと思います。

強い血統は

何度も言っている通りですが、
タフなレースになってくると思いますので、

パワーのある血統が重要になってきます。

ただ直線が長いこともありますので、
ある程度のスピードも必要なことを考えますと、

  • サンデーサイレンス系統
  • ディープインパクト産駒
  • ステイゴールド産駒
  • ミスプロ系統
  • キングカメハメハ産駒
  • ノーザンダンサー系統
  •  Sadler’s Wells,Danzig
  • ロベルト系統
  • シンボリクリスエス産駒

この辺りによく結果が出ています。

まずこの対象馬さんとしては、

  • イクスプロージョン
  • オルフェーブル×母父シンボリクリスエス
  • ショウナンマグマ
  • ザファクター(Danzig)×母父ステイゴールド
  • ブラヴァス
  • キングカメハメハ×母父ディープインパクト
  • レッドランメルト
  • ディープインパクト×母父Orpen(Danzig)

 

この辺りは人気も薄めで、
新潟としては狙い目だと思います。

更に追加で新潟と相性の良い産駒。

  • ハービンジャー産駒
  • ハーツクライ産駒

 

この2つに注目してみますと、

  • カレンルシェルブル
  • ハービンジャー×母父ハーツクライ
  • スタッドリー
  • ハービンジャー×母父フジキセキ

 

この2頭も同様に注目していきます!!

前レースとの関連性は

ここは荒れるレースということで、
前走のデータの出し方が難しいことですが、

まずは公式のデータはこちら、

  • 前走5着以内
  • 今回1番2番人気以外
  • 上がり3位以内を記録したことがある

 

現在のデータで対象馬さんとなるのが、

  • アイコンテーラー
  • カレンルシェルブル
  • ハヤヤッコ

 

意外にも当てはまるのは少なく、
この3頭だけとなりました。

そしてここからは1つ個人的に調べたデータですが、

中山で勝ち蔵が重要

というところです。
やはりタフな新潟のレースという通り、

同じタフなイメージのある中山コース

ここで勝てているお馬さんが、
穴をあけているイメージもありますので、

チェックしていきたいと思います。

対象馬さん(過去5走以内)としては、

  • ショウナンマグマ
  • レッドランメルト
  • ロングラン

 

この辺りは穴馬としてみていきたいところです…!

まとめ:2023年の”新潟大章典”の穴馬予想も
過去データから有利枠やレース傾向を分析

 
色々な面から新潟大章典を考察しました!

やはり新潟競馬場は直線が長く、
他の競馬場にはないデータがたくさんあります。

狙えるデータはたくさんあって、
ハンデ戦の旨みを生かせそうなお馬さんも考えやすい部分です

特にワンターンの2000mは見応えもあるので、
単純に楽しむ意味でも分析・予想していきたいレースでもあります。

他の競馬場で苦しんでたお馬さん。
ここに狙い目をつけていきましょう!

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”新潟大章典”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!