どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《有利枠は?》”マイラーズC”の過去レースデータから2023年の穴馬予想も

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
今年は京都競馬場で行われる、

”マイラーズC”のレース傾向を分析します!

1600mのG2レースでして、
その後に行われる春から夏にかけてのマイル戦。

安田記念へと向けたレースともなります。

京都競馬場改修あけの重賞レースで、
馬場状態での予想が難しいところでもあります。

ここ10年みても人気決着よりかは、
少し荒れるレースともなっていますので、

有利枠などのコース形態や、
レース傾向などにより2023年の穴馬予想もしていきます。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”マイラーズC”の有利枠と穴馬
過去データから2023年のレースの傾向を予想

 
まずマイラーズCとは、
4月に京都競馬場で開催される
外回り1600mのG2レースとなります。

京都競馬場が改修で長期間の休みで、
復活してのレースとなりますので、

予想は難しいところではありますが、
過去行われていた京都コースのレースなどから、

この傾向を見極めていこうと思います。

donchan-img
どんちゃん

まずは京都競馬場の勉強からね…!

 

京都競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり京都競馬場外回りと言えば、
カーブの坂と長い平坦のコース

この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 京都競馬場のコース特徴はこちらから

”マイラーズC”のレース傾向

京都競馬場でのレース傾向としては、
スロー〜ミドルペースになることが多いです。

向こう正面からコーナーに向けて坂となっていて、
ペースは落ち着くことが多いようです。

そこからは下りからの平坦なので、
前残りとなる展開が考えられると思います。

ただ最後の直線が平坦であることからも、
末脚が優れているお馬さんの強襲も見られます

しかも久々の開催となるため、
芝の綺麗さは間違いなく、
馬場コンディションは確かめておきましょう。

”マイラーズC”のお馬さん傾向

やはり前残りが基本となることで、
出足のいいお馬さんは特に注目していきたいです。

ただそのようなレースになると、
ペースが上がってしまう可能性もありますので、

  • 途中で引いて好位につける折り合い
  • コーナーから長い直線を走り切る加速力

他の競馬場とは違う力が必要です。

逆に坂を登るパワーはいらないため、
瞬発力に優れているパワーはないようなお馬さん

長く加速が続いていく器用なお馬さん。

そんなお馬さんを狙っていきたいです。

有利枠からの分析

ということでまずは有利枠。
こちらから確認していきましょう。

京都競馬場で行われた、
2012〜2020年のデータを参照しています

  • 1枠 1-1–0-11
  • 2枠 2–2–1-8
  • 3枠 0-1–3-11
  • 4枠 1–1–1-12 
  • 5枠 0-1–0-15 
  • 6枠 1-1–4-11
  • 7枠 1-2–0-18
  • 8枠 3-0–0-17

ハイペースになったレースや、
小頭数で行われたもので外枠がきていますが、

基本的には馬番号で、
10番以内のお馬さんがよくきています。

特に穴馬さんも3〜6番までと、
内前有利となりそうなレースらしい有利枠となっています。

ただ出足が優れていない場合は、
内枠もリスクとなってしまうこともありますので、

枠だけでは考えないようにしましょう。

したがって強い枠としては、

  • 2枠3枠4枠

綺麗な芝でのレースということで、
流石に内枠からだと思います。

過去京都のレース傾向でも、
馬番6番手以内のお馬さんが多いです。

ただそれを狙いすぎて、
内にお馬さんが集まるのは不安要素なので、

1枠は少しマイナスで見ます。

また弱い枠としては、

  • 8枠1枠7枠

極端な枠になってしまうと、
極端な競馬をする必要が出てきますので、

お馬さんも消耗してしまいます…!

donchan-img
どんちゃん

枠からも絞って考えていきましょう…!

 

これから京都競馬場も楽しみですね…!

”マイラーズC”で狙える得意騎手は

直線が長いコースと、
特徴のあるワンターン京都外回り1600m

得意な騎手さんは出てきます。

一番狙いたい騎手さんとしては、

  • 武豊騎手
  • 京都競馬場と言えばこの方?!
  • ベテラン騎手が輝く舞台かも。

このマイラーズCにおいても、
しっかり結果を残しています。

最近は人気も落ち着きやすいので、
回収率も狙えるレジェンドに…!!

次に考えられますのは、

  • ルメール騎手
  • 困ったときのルメール騎手!
  • 久々なら強い騎手さんが勝つかも…!

京都の成績もいいし、
思いっきりもいい騎手さんなので、

開幕でも合うかも!!

最後に穴として狙いたいのは、

  • 藤岡佑介騎手
  • 実はかなりの成績の良さ..!
  • 人気もしにくく回収率はかなり高い!

重賞で最近勝ってない分ここで見せて欲しい!!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…。

 

”マイラーズC”で有利枠以外の考え方
データと傾向から考える穴馬オカルト予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!

京都競馬場は久々の開催ですので、
まだまだデータも少なく大変ですが、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

この2点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

強い血統は?

ここで狙っていきたい血統は、
瞬発力タイプというよりかはパワータイプになります

なので少なくとも条件としては、

  • ミスプロ系統
  • ノーザンダンサー系統

特に外国系統を持っているお馬さんは、
特に特に注目していきたいところです。

ただ父はサンデー系であることが多く、
両面で必要な舞台なのかもしれません。

したがって対象馬さんとしては、

  • ガイアフォース
  • キタサンブラック×母父クロフネ
  • グラティアス
  • ハーツクライ×母父ノーザンダンサー系
  • ジャスティンスカイ
  • キタサンブラック×母父欧州型ミスプロ系
  • ザイツィンガー
  • ドリームジャーニー×母父クロフネ

 

過去傾向を見るとこんな感じですが、
新種牡馬もいる中で答えを出すのは難しいところです。

キタサンブラック産駒は合う気がしますので、
ここは狙っていきたいところだとは思っています。

donchan-img
どんちゃん

京都競馬場はどんどんデータを探していこう…。

 

前レースとの関係性

安田記念に繋がっていくレースということで、
その前も重賞からの参戦が多いです。

特に1400mの距離である、

  • 阪神C
  • 阪急杯

この辺りからの参戦が目立ちます。
穴馬さんはこの辺りから出るかもしれません。

そして本命候補からは、

  • 東京新聞杯

こちらで勝ったお馬さんは、
ここでもしっかり勝ってくる可能性は高いと言えます。

対象馬さんとしては、

  • 阪神C
  • ダイメイフジ 5着
  • トリプルエース 11着
  • 阪急杯
  • 該当馬なし
  • 東京新聞杯
  • エアロロノア 5着

 

結果から考えましても、
普段とは違ってここを狙っているお馬さんは少なく思えます。

なので今回は合わせて公式分析として、

  • キャリア20戦以内
  • 前走5番人気以内
  • レース間隔は中4週以上
  • 前走1着もしくは2着以下でタイム0.4以内

 

これに当てはまる対象馬さんは、

  • キングエルメス
  • シュネルマイスター
  • ジャスティンスカイ
  • ソウルラッシュ

 

こちら4頭ですね。
軸にするならこの中が良さそうですね!!

まとめ:2023年の”マイラーズC”の予想も
様々なデータから有利枠やレース傾向を調査

 
色々な面からマイラーズCを考察しました!
安田記念に向けてのマイラーの前哨戦。

ここで勝ちにくるお馬さんは多いでしょうし、
勝たないといけないお馬さんもいるでしょう。

京都の馬場状況は分かりませんが、
血統的にはあいやすそうなお馬さんを見つければ、

穴馬さんを見つけることできるでしょう。

そんなお馬さんを見極めて、
勝てる馬券を作っていきましょう!

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”マイラーズC”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までに更新します!

今回も枠が重要だと思います。
しっかりデータが揃ってから予想していきましょう!

ガイアフォースは、
血統面的には1600mも可能で、

力は上位かなということで、
ここでは予想の要とさせていただきました。

あとはパドック次第です…!

本番も楽しんでいきましょう!!