どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《狙える穴馬》荒れる”安田記念”の過去レースから2023年の有利枠も予想

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
東京競馬場で行われるG1マイル戦。

”安田記念”のレース傾向を分析します!

マイルの1年の最強決定戦で、
お馬さんの力は一段ぐんっと上がります。

実力が拮抗しているレースですので、
荒れるレースというよりかは、
穴馬さんがわかりやすいレースとなります

その中でも有利枠や血統。
はたまたオカルト馬券まで見るべきところはたくさんあります。

2023年の勝てる予想もしていきましょう。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”安田記念”の有利枠から穴馬さんを
過去データから2023年のレースの傾向を予想

 
まず安田記念とは、
6月に東京競馬場で開催される
1600mの芝のG1レースとなります

マイル最強決定戦ということで、
ここでいつも以上の仕上がりを見せるお馬さんや、

逆に調子を落とすお馬さんもいます。

レベルの高いお馬さんの集まりですので、
穴馬さんが逆に見つけやすい状況だと思います。

しっかり過去レース傾向から考えて、
様々なデータから狙っていきましょう。

donchan-img
どんちゃん

マイラーの花形レースです…!!

 

東京競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり東京競馬場といえば長い直線。
この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 東京競馬場のコース特徴はこちらから

”安田記念”のレース傾向

マイラーの花形の舞台でありますが、
意外にもスロー〜ミドルペースで推移していて、

最後の直線の末脚勝負となることが多いです。

ペースが遅くなりやすいことからも、
>前めのお馬さんにもチャンスがあり、

どこまでロスなく走れるかが分かれ目で、
毎年1週前からCコース替わりしているのもポイントで、

内からの強襲も考えられます。

トラックバイアスも考えながら、
どこの位置からレース展開が動くのかを予想するといいかもしれません。

”安田記念”のお馬さん傾向

やはり基本的には末脚勝負となってくるのですが、
その中でも後ろからの末脚というよりかは、

中団ぐらいからの差しでないと、
届かない可能性が高いです

したがって最速を出すというよりかは、
追走しながら瞬発力で勝ち切る力を持ったお馬さん

もしくは、
逃げ・先行型後半も脚を使えるタイプ

この2点が狙い目かと思われます。

強いお馬さんであることが多いのですが、
意外と荒れる結果となっていますので、

人気のある末脚の強いタイプよりかは、
前めのお馬さん穴馬として狙ってみましょう

有利枠からの分析

それでは有利枠の分析。
過去10年のデータからみていきます。

  • 1枠 0–2–1-14
  • 2枠 0–1–0-16
  • 3枠 2–0–1-16
  • 4枠 0–2-1-16 
  • 5枠 4-1–0-15 
  • 6枠 0-2–2-16
  • 7枠 4-1–2-16
  • 8枠 0-1–3-21

毎年外枠からスタートを決めて、
一気に前に出るお馬さんも多いので、

内枠は不利になりやすくなっています

ただその中でも完全前につけるか、
後ろからと狙いを決めているお馬さんはチャンスがありますので、

基本1、2枠は、
2、3着までが狙える枠かなと考えています

つまり中団から外めの枠が狙い目で、
特に結果が出ている枠は大事にしていきたいです。

したがって強い枠は、

  • 7枠5枠3枠

 
隊列で言うと内から2列目ぐらいが強く、
その位置を取りやすいのは、
どちかというと奇数枠となっています

特に7枠に瞬発力のあるお馬さんが入った時は、
激アツレベルかもしれません。

そして弱い枠は、

  • 2枠8枠1枠

 
埋もれやすい枠は出足が悪いとマイナスで、
8枠は単純に埋もれない以外はいいところはありません。

donchan-img
どんちゃん

枠は力を出せるかどうかの部分よね…!

 

”安田記念”で狙える得意騎手は

やはり東京競馬場の特徴があれば、
得意な騎手さんが出てきたりします。

そんな部分をまとめてみます。

まずは一番押さえておきたい騎手さんは、

  • 池添謙一騎手
  • G1においても穴をあける騎手さん
  • クセ馬でも乗りこなす力…!

能力はあるものの、
クセ馬さんが多いことからいつ穴をあけるかわからないけど、

いきなりチャンスがくることも…!!

続いては、

  • 田辺裕信騎手
  • 先行馬に乗れば突然強くなる騎手さん
  • 過去3年連続馬券内にきたことも…!

G1レベルでも登場する騎手さんで、
最近は結果はありませんが、

一発勝負な騎手さんではありますので、
突然勝つことは全然あると思います。

最後に穴目として狙いたい。

  • 三浦皇成騎手
  • 東京の1400、1600mは強い!
  • 穴馬さんを持ってくる実力はあり!

過去16番人気を2着にした経験もあり、
G1を取れない流れとはなっているものの、

どこできておかしくないと思っています。

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じ取ってみよう..!

 

”安田記念”での血統面からの穴馬は
データとレース傾向から考える2023年予想も

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!
東京競馬場は1年を通して使われるコースですので、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 牝馬か牡馬か
  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

 

この3点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

牝馬か牡馬か

まずこの安田記念は過去10年の中で、
牝馬が18頭しか出走していないのですが、

実は結果がいいことがあります

とんでもないお馬さんが出走するのに、
斤量が軽いことも要因にあると思うのですが、

しかしこのレベルの高いレースですと、
割と人気も落としやすく狙い目となることが多いです

なので斤量が軽い穴馬さんに関しては、
ここで狙ってみるのはありかもしれません。

強い血統は?

このレースで鍵になるのは、

  • ノーザンダンサー系統
  • Sadler’s Wells系統
  • storm bird系統

ここにあると思っています。

産駒でも母父でも関係の血統が活躍していて、
最近の東京の馬場にあってるのではないかと思っています。

それに合わせて、
昔から東京競馬場に合うとされていた、

  • サンデーサイレンス系統
  • ミスプロ系統

こちらを合わせた血統を狙っていきたいです。

ただ穴として最近よくきているのは、

  • ロベルト系統
  • モーリス産駒
  •  

  • キタサンブラック産駒

 

など割とパワーがある血統もきているので、
この辺りも要注意点です。

この対象馬さんとしては、

  • シュネルマイスター
  • Kingman×母父Sadler’s Wells系統
  • ダノンスコーピオン
  • ロードカナロア×母父Sadler’s Wells系統
  • ガイアフォース
  • キタサンブラック×母父クロフネ
  • ジャックドール
  • モーリス×母父ミスプロ系統

 

この辺りは人気が出なくても狙えるところかも!

前レースとの関係性

ここ5年で見ますと、
ヴィクトリアマイルからが1頭は必ずきています

牝馬が強い理由もあってか、
強いお馬さんの中でレースしたお馬さんは、

ここでもチャンスがあるのだと思います。

それ以外はG1レース(日本)からが強く、
とにかくレベルの高さが求められることでしょう。

穴馬さんとしては、
読売マイラーズCからの参戦が特に強く、

人気してないお馬さんでも、
馬券内に来ていることも多く感じます

対象馬さんとしては、
もう少し絞って考えていこうと思います。

  • ヴィクトリアマイル5着以内
  • ソングライン 1着
  • ソダシ 2着
  • G1レース5番人気or5着以内
  • ジャックドール(大阪杯) 1着
  • ナランフレグ(高松宮記念) 4着
  • 読売マイラーズC4着以内
  • シュネルマイスター 1着
  • ガイアフォース 2着
  • ソウルラッシュ 3着

 

人気薄なお馬さんも多くいますので、
この辺りから穴馬さんの指定もしていきましょう。

まとめ:2023年の”安田記念”の予想も
様々なデータから有利枠やレース傾向を調査

 
色々な面から安田記念を考察しました!

G1のマイル王者決定戦でして、
東京の直線ではまだ勝敗が決していないお馬さんも多く、

熱いレースとなることは間違いないです。

穴馬さんにもチャンスはあり、
枠や血統などのデータを元に予想していきましょう。

Cコース替わりとなっていて
前が残りやすい雰囲気も出てきていますので、

そんな部分も合わせて予想を考えていきましょう。

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”安田記念”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!