どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《2023年穴馬は?》荒れる”七夕賞”を過去レースデータから血統や有利枠も

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
今年は福島競馬場で行われる、

”七夕賞”のレース傾向を分析します!

2000mのハンデ重賞ということで、
やはり荒れるレースとなっています。

過去データを見てみると、
割と固まっている部分もありまして、

狙いやすいレースだとも思いますので、
あまり人気を考えすぎず、

血統や有利枠などから、
勝てる馬券を考えていきましょう。

2023年の予想とともに、
穴馬さんまで導き出していきます!

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

 
この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”七夕賞”の有利枠から穴馬さんを
過去データから2023年レース傾向を予想

 
まず七夕賞とは、

7月に福島競馬場で開催される、
G3のハンデ戦の2000mの重賞レースとなります

ハンデ戦で軽い斤量ばかりに釣られることなく、
しっかり実力を持ったお馬さんを見極めていきましょう。

また福島競馬場も開催2週目ということで、
芝の状態やここまでのレース傾向を見ておくと、

完全に予想することも可能かもしれません。

donchan-img
どんちゃん

トラックバイアスが重要かも…!

 

福島競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり福島競馬場と言えば小回りアップダウン!
この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 福島競馬場のコース特徴はこちらから

”七夕賞”のレース傾向

まずこのレースのペースとしては、
ミドル〜ハイペースになりやすいという、

やはり前残りを意識したレース展開となります。

前週のラジオNIKKEI賞では、
前残りのトラックバイアスが見られますが、

ここは馬場も確認が必要ですが、
中団ぐらいを外から上がってきたお馬さんに傾向があります

福島2000mというコース自体が、
割とタフなコース形態となっているためか、

開幕2週目とは言えども、
前で粘りきることは多くありません。

馬券内はないとは言えませんが、
どちらかというと中団や外から上がっていける。

ということを念頭に置いて、
予想する必要はありそうです。

”七夕賞”のお馬さん傾向

やはり内ラチ沿いが有利ということで、
自分のポジションを取れるための出足。

ここは重要になってくると思います。

もちろんそのためにペースが上がるのですから、
どれだけスタミナを温存できるかが大事です

それか外外を回してもあまりあるスタミナ。

このどちらかの特性は最低限必要だと思います。

過去10年のレースで見てみましても、
逃げ馬さんがそのまま粘っていることからみても、

スタミナの温存はテーマに上がると思います。

なので折り合いがついていることはもとより、
瞬発力勝負の経験ではなく、

体力勝負になったレースを見ていきましょう。

有利枠からの分析

開幕2週目ということで、
走る位置が大事という話をしていますが、

もちろんそのためには枠も重要です。

まずは過去10年の枠データを見てみましょう。

  • 1枠 1-1-1-14
  • 2枠 3–2–0-13
  • 3枠 0–1–1-16
  • 4枠 2–0–2-14 
  • 5枠 0-2–1-17 
  • 6枠 3-1–4-12
  • 7枠 0-1-0-19
  • 8枠 1-2–1-16

 
やはり状況による部分もありますが、
基本的には内枠が有利となるデータが見えます。

体力配分が何より重要なレースで、
外枠で勝っているお馬さんに関しても、

長距離レースでの経験があるお馬さん。

となっていることが多いです。

なので基本は内枠から考えつつ、
後はお馬さんの出足前に出れそうか。

と内から予想を削っていきましょう。

そうすると割と絞れてくると思います。

したがって強い枠としては、

  • 2枠6枠4枠

 
割と偶数に強い数字が出ていて、
内内に絞ってくると考えた時に、

偶数の方が強い結果が出るのかもしれません。

8枠も悪い数字ではないので、
七夕賞ではありますが偶数強めで考えてみましょう。

そして弱い枠としては、

  • 3枠7枠1枠

 
やはり奇数番号の数字が弱いですね。

単純に5〜8枠が弱い中で、
ギリギリ6枠が戦えるという考え方もありです。

donchan-img
どんちゃん

開幕近くは枠が重要だよ…!

 

”七夕賞”で狙える得意騎手は

福島競馬場で狙える部分として、
上位のジョッキーはあまりこないことがあります。

ただその分、
渋い実力の騎手さんにいいお馬さんが集まることがありますので、

普段狙わない騎手さんを狙ってみていいと思います。

まずは一番押さえておきたい騎手さんは、

  • 内田博幸騎手
  • 実はこのレースと相性がいい騎手さん
  • 今年はG1もとって勢いが一番…!

 
ベテランの近年では目立たないように見えますが、
今年はG1も取るなど確かな実力は持っています。

ダートの方が信頼度は高いですが、
芝コースでもタフなコースなら信頼度は高いです

高速馬場でないならジャンジャン狙ってみましょう。

  • 松若風馬騎手
  • 逃げ・先行×松若の勢いは重要!
  • このレースはそこまでですが…。

 
最近特に逃げ馬さんの騎乗依頼も多く、
しっかり結果も出していますので、

逃げ馬さんに乗るなら忘れてはいけません。

そして今回穴として考えたいのは、

  • 田辺裕信騎手
  • 福島出身でここはとりたい舞台のはず
  • 人気薄でも3着以内に入れた過去もあり!

 
騎手さんとは言え人間なので、
自分の出身地はいつも以上の実力が出せるかも…!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…!

 

”七夕賞”の血統などから穴馬のデータを
過去レース傾向から考えるオカルト予想とは

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!

福島競馬場はあまり使われないレースなので、
オカルト予想などもなかなか通用しないことも多いですが、

予想の1つとして考えてみるといいかもしれません。

今回見ていくのは、

  • 斤量がレースに与える影響
  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

 
この3点となります!
JRAの公式分析はこちら!

斤量がレースに与える影響とは

ハンデ戦ということで、
斤量がかなり重要になってくることは間違いなしです…!

まずは10年のデータから見てみましょう。

  • 53.0以下 0–1–4-30
  • 54.0 2-0–1-22
  • 55.0-55.5 0–4–3-21
  • 56.0-56.5 1-1–1-25
  • 57.0-57.5 7-2–0-48
  • 58.0以上 0–2–1-4

 
このレースはとにかく実力馬が勝ちやすく、
57キロ以上を背負ったお馬さんが結局強いです

普段の重賞常連組がここで強い結果を出し、
斤量の軽い重賞をそこまで経験してない組がどこまでつつけるか。

という流れとなっているでしょう。

ただ今年は斤量が更に増える可能性があるので、
この辺りはいつもより気にするべきかもしれません。

したがって今年は54〜56キロのお馬さんは、
穴馬的に見ておく必要がありそうです。

また公式分析からは、
前走から負担重量が減っているお馬さんにチャンス。

というデータがありますので、
このデータを合わせていきますと、

  • ガロアクリーク
  • スタッドリー
  • テーオーソラネル
  • レインフロムヘブン

 
出走できないお馬さんもいそうですが、
この4頭は穴馬さんになり得そうです..!

donchan-img
どんちゃん

ハンデ戦がチャンスなお馬さんもいるよ..!

 

強い血統は?

ここで狙いたい注目血統としては、

  • ステイゴールド産駒
  • ゴールドシップ産駒

 
ここが狙い目だと思っています。

福島のアップダウンの激しいコースは、
とにかくパワーが必要ですので、

このパワーに優れやすい産駒は特に狙い目です

その目線と結果も合わせてみますと、

  • ロベルト系統
  • ミスプロ系統

 
そこに合わせてサンデーサイレンス系統や、
スピード系のノーザンダンサー系統

この辺りが掛け合わせたものをおすすめしたいです。

ただ完璧に合ったお馬さんもいないので、
向きそうな対象馬さんを選定します。

  • ショウナンマグマ
  • ザファクター×母父ステイゴールド
  • フェーングロッテン
  • ブラックタイド×母父キングヘイロー
  • テーオーソラネル
  • シルバーステート×母父キングヘイロー
  • カレンルシェルブル
  • ハービンジャー×母父ハーツクライ
  • フライライクバード
  • スクリーンヒーロー×母父シンボリクリスエス

 
この辺りはパワーが優れそうな血統だと思います..!

前レースとの関係性

まずレースで見ますと、
一番関係性のあるレースとしては、

福島民報杯

こちらは同じ距離のハンデ戦となりますので、
ここでどのようなレースをしたかはかなり重要で、

ちょうどいい間隔もあいているので、
ここでいいレースをしたお馬さんに関しては、

絶対無視してはいけないレベルです。

後は重賞での結果というよりかは、
そこで走りを見ていきたいところで、

特に阪神の鳴尾記念の結果などは、
このレースとは似てくるかもしれません。

ここで対象馬さんとしては、

  • 福島民報杯
  • カレンルシェルブル 1着
  • ロングラン 6着
  • 鳴尾記念
  • フェーングロッテン 2着
  • ヒンドゥタイムズ 7着

 
そこまで負けてないし、
ここで斤量の差ができるならどうなるのか。

と考えて答えを出していきましょう..!

まとめ:2023年の”七夕賞”の穴馬予想も
過去データの有利枠や血統からレース傾向を分析

 
色々な面から七夕賞を考察しました!

福島競馬場の小回りコースは、
前が止まらないことも多く、

その分荒れやすいレースともなっていそうです。

ただ過去荒れたお馬さんをみても、
重賞勝ってるのに見込まれていなかったり、

実力がはっきり見えるレースだとも言えます。

ちゃんと調べれれば勝てるレースだと思うので、
しっかり分析していきましょう。

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

 
などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”七夕賞”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!