どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《2023年の穴馬》”日経賞”を過去レースデータから有利枠から馬券予想も

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
中山競馬場で行われる、

”日経賞”のレース傾向を分析します!

中山2500m内回りのG2重賞となりまして、
あの有馬記念と同じ舞台設定となっています

天皇賞春へとつながるレースとなっていますので、
ここで勝ちたいお馬さんも多いです。

過去10年のデータや有利枠をもとに、
2023年のレースの穴馬予想をしていきます。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”日経賞”に有利枠はあるのか
データで見れる2023年のレースの傾向を予想

 
まず日経賞とは、
3月に中山競馬場内回りで開催される、
2500mのG2レースとなります。

長距離路線の第一歩となるため、
G1レースとなんら変わりないメンバーとなっていて、

穴馬さんを導き出すのも難しいレースです

その中でも使えるデータを使い、
勝てる馬券予想をしていきましょう。

donchan-img
どんちゃん

覚醒するお馬さんを見極める..!

 

中山競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり中山競馬場といえば急坂。
この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 中山競馬場のコース特徴はこちらから

”日経賞”のレース傾向

やはり有馬記念もでしたが、
中山内回りのコース形態もありますので、

基本的には最後のカーブまでに、
前めの意識を持ったお馬さんが勝つ。

と言ったイメージのあるレースです。

1着を取っているお馬さんはここ10年でも、

第4カーブ時点で5番手位以内

なレースがほとんで、
馬券内も似たようなデータとなりました。

ペースもここ10年全てスローペースなので、
2023年もスローペースと見ていいでしょう。

したがって前残りとなってもおかしくないレースです

ただ中山内回りと言えば、
最後に捲って加速つけて勝つのも醍醐味

この辺りも合わせて考えていきましょう。

”日経賞”のお馬さん傾向

やはり中山競馬場の予想をする中で、
中山巧者の存在が大事になってきます

  • 内回りをうまく回れるコーナリングセンス
  • 最後に捲ってロングスパートできる末脚

一般的に中山が得意なお馬さんが得意な戦法。
そしてそれを実行できる水準以上のスタミナ

この2点が必要なレースだと思います。

しかし最後の直線は短いので、
ポジション取りが一番重要だと言えるでしょう。

なので大事な枠順と騎手さん。

この辺りも合わせて考えて、
ある程度前で残せるお馬さんとともに押さえておきましょう。

”日経賞”の有利枠は

それではそんなレース展開にできる。
まずは過去10年の枠データから見てみましょう。

  • 1枠 1–1–0-9
  • 2枠 0-1–3-11
  • 3枠 1–1–0-15
  • 4枠 0-3–3-11 
  • 5枠 1-0–1-17 
  • 6枠 2-4–1-12
  • 7枠 2–0-2-15
  • 8枠 3-0–0-17

まずこのデータを見ると、
外枠にかなりデータが偏っているように見えます。

やはりこのレース傾向からも、
内で馬群に埋もれてしまうとマイナスが多く

最後の抜け出しが遅くなればそれが負けにつながります

外枠からいつでも上がっていけるポジションを作る、

というのが大事になってきます。
ただ逃げ馬さん先行馬さんに関しては、
枠は関係なしにとにかく前に出ていきますので、

この辺りはお馬さんの出足の早さと、
どうしてもハナに立ちたいお馬さんの存在

例えば今回で言えば、

  • タイトルホルダー
  • ディアスティマ

辺りの枠順は気をつけて、
その内に入ったお馬さんの並びも予想に入れましょう。

”日経賞”で狙える得意騎手は

中山競馬場の特殊な特徴において、
得意としてるジョッキーさんも出てきます。

そこでまず一番考えられますのは、

  • 田辺裕信騎手
  • 乗っているお馬さんも強い
  • 日経賞でも複勝率50%

前走などの動きからも、
お馬さんとの息が合っているのでしょう…!

次に狙いたい騎手さんは、

  • デムーロ騎手
  • 出遅れからの捲りと言えばこの人..!
  • 調子が悪そうに見えるけど勝率はいい!

調子の悪さは気になりますが、
前残りになりすぎない馬場状態であれば、

タイミングを間違えることは少ないかも…!

最後にすすめたい騎手さんは、

  • 松岡正海騎手
  • 中山では不気味な騎手さんに…。
  • どこで穴を開けるか予想しづらい..。

乗っているお馬さんもいつも不気味で、
ヒモには入れておきたい騎手さんであることが多いです。

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…!

 

”日経賞”で有利枠以外の考え方
データと傾向から考えるオカルト予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!

割と固そうなレース展開ではあるものの、
その中でも見えてくる面白いデータもあります。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 馬年齢がレースに与える影響
  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

この3点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

馬年齢がレースに与える影響は?

まず年齢からのデータ。
先週の阪神大賞典では4歳が強いデータながら、

そのままワンツーで勝ち切っています。

そんな過去10年のデータを見ていきます。

  • 4歳 6-5–1-15
  • 5歳 2–2–4-26
  • 6歳 2-2–2-31
  • 7歳以上 0-1–3-35

ここはダントツで4歳にデータがあって、
勝率で言えば20%を超えています

年齢を重ねるごとに悪くなっていき、
今旬で強いお馬さん絶対狙っていきましょう。

今回の対象馬さんとしては、

  • ライラック
  • アスクビクターモア

この2頭とも重賞実績もありますので、
今回の本命候補となるのではないでしょうか。

強い血統は?

まずここで注目したいのは、
パワーのある血統として、

  • ロベルト系統
  • ミスプロ血統
  • ノーザンダンサー系統(特にsadler’s Wellsstorm bird

この辺りが今回のレースの肝となると思っています。

また過去と最近の傾向から産駒を絞りますと、

  • エピファネイア産駒
  • ハーツクライ産駒
  • ステイゴールド産駒

この辺りを合わせて考えていきます。
これらを元に考えていきますと、

  • エピファネイア産駒
  • アリストテレス 母父ディープインパクト
  • ハーツクライ産駒
  • キングオブドラゴン 母父コロナズクエスト
  • ステイゴールド産駒
  • マイネルファンロン 母父ロージズインメイ
  • ゴールドシップ産駒
  • マカオンドール 母父 darshaan
  • オルフェーブル産駒
  • ライラック 母父キングカメハメハ

いつもの傾向ならこの辺りから出てきそうです。

前レースとの関係性

このレースに関しては、
前走の対象となるのが3レースに絞られていまして、

  • 有馬記念
  • AJCC
  • 日経新春杯

ここからのお馬さんであることが多いです。
有馬記念以外は5着以内での好走。

ここに注目していきたいです。

またJRA公式の分析より、
2200m以上での重賞実績

この辺りも一緒に見ていきます。
対象馬さんとしては、

  • タイトルホルダー
  • 有馬記念 9着
  • ボッケリーニ
  • 有馬記念 11着

この2頭だけになります。

また少しこの内容からズレる部分ですが、

  • キングオブドラゴン
  • 2走前 日経新春杯 2着

穴馬さんとしてはなり得そうです…!

まとめ:2023年の”日経賞”の予想も
様々なデータから有利枠やレース傾向を調査

 
色々な面から日経賞を考察しました!

中山競馬場の内回りのコースは、
高低差がかなり大きいコースです。

かなりスタミナがいるコースで、
割とデータが固まりやすいことも特徴です

なのでそんなデータを元にして、
しっかり勝てるお馬さんを分析していきましょう。

中山巧者のお馬さんはもちろん。
そこまで走っていないお馬さんも適性がある場合がありますので、

走り方などを分析して、
レースを予想してみるのもいいかもしれません。

それではこれらのデータをもとに、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

などでお馬さんのやる気を確認していきましょう!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”日経賞”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までに更新します!

今回も枠が重要だと思います。
しっかりデータが揃ってから予想していきましょう!

あとは当日楽しむだけですね!
明日もいい競馬ライフを!