どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《2023年の予想》”マーキュリーC” 過去レースの血統・有利枠から穴馬を

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
盛岡競馬場で行われる2000mの交流重賞。

”マーキュリーC”のレース傾向を分析します!

地方重賞の1つであるレースで、
ハンデのような斤量差ができたりと、

地方馬さんにもチャンスがが出てくることでしょう。

荒れるレースという感じではないですが、
血統や有利枠などから2023年の勝てる予想を考えていこうと思います。

大穴は難しいかもしれませんが、
中穴馬さんぐらいなら狙えるのではないでしょうか。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

 
この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”マーキュリーC”に有利枠はあるのか
過去データから2023年のレース傾向予想

 
まずマーキュリーCとは、
7月に盛岡競馬場で開催される
左回り2000m地方G3レースとなります

地方競馬らしい特徴が多く、
深い砂となっているのでタフなコースとなり、

初めての中央馬さんは戸惑ったりで、
負けてしまうこともあるレースとなっています。

レース傾向や血統傾向からも、
盛岡競馬場で勝てるお馬さんを選び出していきましょう。

donchan-img
どんちゃん

ここで実力を発揮するお馬さんも少なくはありません..!

 

”マーキュリーC”のレース傾向

まずレース展開としては、
2000mの地方重賞ということもありまして、

ペース落ち着きやすい印象です

地方特有の砂の厚さもありますので、
中央ジョッキーさんはまずどの位置が伸びる位置

と苦しめられる展開が多いです。

ただお馬さんの力の差はあってか、
地方の砂の厚さで差し馬さんが出にくいこともあってか、

先行勢でレースが決まることが多いです。

なので前に行けることは必須で、
最後の直線では外に出たお馬さんが基本勝ち馬さんとなっています

そこまでをどう導いて周回していくか。

ここが鍵となってきそうです。

”マーキュリーC”のお馬さん傾向

レース傾向の通りですが、
ペースは早くならないとは言え、

外外を回してしまうと、
どうしても2000mではバテてしまいます

したがって。
それでもバテないスタミナや、
深い砂にでも走り切れるだけのパワーといった脚質が必要です

瞬発力勝負にはなりにくく、
最後はバテないお馬さんが勝つ印象ですので、

  • どれだけロスなく走れるか
  • どの位置を走れそうか
  • お馬さん自身のパワーやスタミナ

 
これらをチェックしておきましょう。

有利枠からの分析

有利なレースに進めるための枠の考え方。
盛岡競馬場開催2013~2022年までをデータとしてまとめました。

  • 1枠 1-1–2-6
  • 2枠 2–1–1-6
  • 3枠 2–3–0-12
  • 4枠 0–0–2-18 
  • 5枠 1-2–0-17 
  • 6枠 2-2–3-13
  • 7枠 0-1–1-18
  • 8枠 2-0–1-17

 
JRA勢が当たり前に強いレースなので、
あまり枠有利は感じないようにも思いますが、

割と内枠に穴馬さんが偏っていて、
外枠の人気馬さん順位を落としているイメージです

その中でも、
強いお馬さんは外でも勝ったり、

逆にペースが乱れることで、
外枠にチャンスが来ることはありますが、

基本的なレースと考えた時には、
外はマイナスで見てもいいと思います。

したがって今回強い枠としては、

  • 2枠3枠1枠

 
難しい予想にはなりますが、
穴馬さんを狙うなら内から考えておきましょう

盛岡のダートコースは、
かなりタフなコースとなっていますので、

スタミナで乗り切れそうなら、
多少の不利は考えないでおきましょう。

また弱い枠としては、

  • 7枠4枠8枠

 
4枠は不利な理由は考えにくいですが、
中途半端な枠はレースしにくい騎手さんも多いかもしれません。

donchan-img
どんちゃん

地方競馬場は難しいね…。

 

”マーキュリーC”で狙える得意騎手は

このレースにおいての得意騎手さんは、
ダートではかなりの力を見せている、

  • 松山弘平騎手

 
過去10年においても3勝と、
ダントツな結果を出しています。

ただ今年は出走がないため、
穴として2022年は10番人気の地方馬ながら、

穴を開けてきた地方騎手さん。

  • 村上忍騎手

 
また同じお馬さんに乗るため、
ここでも狙いどころだと思います…!!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…!

 

”マーキュリーC”の血統の考え方とは
過去データとレース傾向からオカルト穴馬予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!
盛岡競馬場は交流重賞で時々使われるコースですので、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 中央馬と地方馬
  • 強い血統は?

 
この3点見てみましょう!
本家分析はこちら!

公式データから

まず公式データの全てを合わさったお馬さん。

ここから確認していきましょう。
データとしてはいくつかありますが、

  • JRA栗東所属
  • 6歳以下
  • 前走JRA重賞

 
この対象馬さんとしては、

  • サンライズホープ
  • バーデンヴァイラー

 
この2頭だけとなりました。

このデータからは、
2023年の1番人気であります。

ウィルソンテソーロは当てはまりませんが、

強いお馬さんだとは思いますので、
一応気をつけてはおきましょう…!

強い血統は?

盛岡競馬場の2000mのレースを見ると、
やはりパワーがいる血統傾向が見えていて、

  • ロベルト系統
  • ミスプロ系統

 
この辺りが強く結果が出ています。

それに合わせて意外にも、

  • サンデーサイレンス系統
  • ノーザンダンサー系統

 
の瞬発力に合わさった血統も強いようです。

対象馬さんとしては、

  • バーデンヴァイラー
  • ドゥラメンテ×母父フレンチデピュティ
  • レールガン
  • アイルハヴアナザー×母父ステイゴールド
  • サンライズハイアー
  • ストーミングホーム×母父ダンスインザダーク

 
とは言え下の2頭については、
地方の重賞でも活躍できていないこともあって、

実質はバーデンヴァイラーだけが抜群です

一応隠れ血統としては、

  • メイショウフンジン
  • ホッコータルマエ×母父シニスターミニスター

 
こちらは母母がサンデーサイレンス系統で、
シニスターミニスターも入って瞬発力も感じみます。。

中穴としては狙ってみてもいいかもしれません。

まとめ:2023年”マーキュリーC”の穴馬予想
過去データから血統・有利枠やレース傾向を分析

 
色々な面から、
マーキュリーカップを考察しました!

地方交流重賞は穴馬が出にくく、
点数が広げにくいので馬券は難しい一面があります

ただある程度の予想は立てやすく、
初心者には優しいレースとなるのではないでしょうか。

あまり深く考えすぎず、
勝てるであろうお馬さんを絞って狙って行ってみましょう。

そのまま人気決着もあり得るレースですが、
考え方次第で穴馬さんも導き出せると思いますので、

このデータを利用して考えてみましょう…!

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

 
などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”マーキュリーC”

狙いたいお馬さんとしては、

  • メイショウフンジン
  • バーデンヴァイラー
  • ヴァケーション

 
この辺りは枠などによっては狙えそうです。

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!