どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《穴馬はいる?》”桜花賞”の過去レース傾向や有利枠により2023年の予想も

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
今年は阪神競馬場で行われる、

”桜花賞”のレース傾向を分析します!

1600mのG1レースでして、
3歳馬牝馬の三冠がかかる大事なレースです。

ここで活躍したお馬さんは、
後にも結果を残すなど、
年代の代表馬を決めるレースでもあります

大荒れすることは少ないですが、
有利枠によっては人気馬さんが負けることもあり、

その分穴馬さんから狙っても、
荒れる結果を得ることもできるかもしれません。

様々な過去データを使うことで、
レース傾向などから穴馬さんを分析していきます。

最後には2023年の勝てる馬券も考えていきます。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”桜花賞”に有利枠はあるのか
データから2023年のレース傾向を予想

 
まず桜花賞とは、
4月に阪神競馬場で開催される
外回り1600mのG1レースとなります。

阪神外回りコースは特徴的で、
末脚発揮で直線だけでマクることも可能なコースです

道中のカーブも緩い構造になっていて、
得意なお馬さんにはかなり有利なコースとなります。

直線まで緩い斜度になっていながら、
最後の最後には急坂も構えていますので、

コース分析から始めてもいいかもしれません。

donchan-img
どんちゃん

阪神巧者を見極める…!

 

阪神競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり阪神競馬場外回りと言えば、
スタミナコースからの直線勝負

この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 阪神競馬場のコース特徴はこちらから

”桜花賞”のレース傾向

ペースの予想が難しいレースで、
逃げたいお馬さんの数やそこに関係するお馬さんで、

ペースが違ってきます。

まだ気性は幼いお馬さんが多いことから、
イメージとしてはハイペースになりやすく

コース形状も相まって、
最後の直線一気となりやすい傾向にあります

序盤に隊列が決まれば、
そのままスローペースとなることもありますが、

結局緩やかなカーブからの、
ロングスパート戦となることが多いので、

結局は末脚勝負になっていく。

という予想となります。

”桜花賞”のお馬さん傾向

阪神1600mの舞台ということですので、
最後の直線までのスタミナ温存が大事な舞台になります

能力があるお馬さんなのであれば、
前や中団からの差し切り勝ちもありますが、

基本的には脚を溜めての直線勝負

ハイペースが多いレースだからこそ通用する舞台です。

ただそのためには調教過程においても、
しっかり折り合いがついていることが大事ですし、

スイッチを問題なく入れることができるお馬さんなのか。

能力はもちろん大事なのですが、
騎手さんへの操縦性が高いお馬さん

こんなことも予想に入れてみましょう。

donchan-img
どんちゃん

とんでもない末脚が見られるかも…!

 

有利枠からの分析

ということでまずは有利枠。
こちらから確認していきましょう。

  • 1枠 0-1–3-15
  • 2枠 1–0–2-16
  • 3枠 1–2–0-17
  • 4枠 3–1–0-16 
  • 5枠 2-0–4-14 
  • 6枠 0-2–0-18
  • 7枠 2-1-1-26
  • 8枠 1-3–0-26

まずデータから見ていくと、
外枠にもチャンスがあるように見えますが、

外枠は人気馬さんがよく負けている枠で、
外から勝っているお馬さんに関しては、

  • 最後方からの直線一気
  • スタートで前までダッシュ

と不利な状況になりながらも、
能力で押し切ったお馬さんが多いです。

それにより能力が発揮された可能性もありますが、
基本的には数字より弱い枠だと思いますので、

ここは軽視していきたいところです。

したがって強い枠としては、

  • 4枠5枠3枠

まだ気性も荒いお馬さんがいる中で、
大外や最内、それに近い枠はマイナスとしていきましょう。

また弱い枠としては、

  • 8枠1枠6枠

大外と最内はもう言うまでもなくですが、
6枠は単純にここ10年数字が出ていません

プラスで見ることはできないので、
よっぽど人気のお馬さんでない限りはマイナスで見たいです。

donchan-img
どんちゃん

阪神競馬場の外回りは他と違うから大変…!

 

”桜花賞”で狙える得意騎手は

今回は普段とは少し違う予想方法で、
まず1つ。G1レースということなので、

  • ルメール騎手
  • 川田雅将騎手

この2人は外すことはできませんが、
しかし馬券内に来ているのは基本人気しているとき。

となりますので、
穴馬さんの考え方としては適当ではありません

そこで今回誰が出るかも決まっていませんが、
穴馬さんを連れてくる騎手さん。

池添謙一騎手

今回の狙い目の騎手さんとします!

池添騎手の乗るお馬さんは、
歴代としても面白いお馬さんが多く、

人気を覆すのはこのような方なのでしょう。

2015〜2017年においては、
3年連続馬券内と得意なコースなのかもしれません

今回は出るなら是非狙っていきます!!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…!

 

”桜花賞”で枠有利以外の考え方
データと傾向から考えるオカルト予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!
阪神競馬場は1年を通して使われるコースですので、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 馬体重と人気の影響
  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

この3点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

馬体重と人気の影響

ここはまず公式のデータから取って行きます。
馬体重のデータが面白いものがありまして、

馬体重が460〜499キロが勝率100%

ということでここ10年は全て、
この間の体重のお馬さんが勝っているどころか、

馬券内率もかなり高いです。

なので1着はここを狙うべきかもしれません。

対象馬さんとは今の時点で、

  • リバティアイランド
  • ハーパー
  • ペリファーニア
  • ドゥーラ
  • ムーンプロープ

データ的にはここから勝ち馬が出ます!

更に合わせて荒れないレース結果のデータで、
8番人気以降のお馬さんがあまりきてないことから、

最終人気で8番人気内の、
上記のお馬さんを買うのはいかがでしょうか。

強い血統は?

産駒に関しては、
あまりデータとして固まってるものはありませんが、

サンデーサイレンス系統はやはり強く、
3分の2で大体サンデーサイレンス系統が勝っています

それ以外に考えたい部分は、

  • 外国系統
  • ナスルーラ系統
  • ノーザンダンサー系統
  • クロフネ

偉大な父の血統に、
これらの血統が入ると強くなる。

と単純な考え方をしていきましょう。

対象馬さんとしては、

  • ハーパー
  • ハーツクライ×米国系ナスルーラ系統
  • コンクシェル
  • キズナ×米国系ノーザンダンサー系統
  • モズメイメイ
  • リアルインパクト×Frankel
  • ライトクオンタム
  • ディープインパクト×欧州系ミスプロ系統
  • シングザットソング
  • ドゥラメンテ×米国系ミスプロ系統

また最近の流れとしては、

  • コナコースト
  • キタサンブラック産駒×母父キングカメハメハ

 

産駒も母父も結果が出ているものですので、
ここは合わせて考えていきましょう。

前レースとの関係性

ここ10年においては、
ほとんど同じレースからの出走が目立ちます。

それがチューリップ賞ですね。

やはり同じ距離で同じ舞台。
時期も近いということで得意不得意ははかりやすいです。

対象馬さんとしては、

  • モズメイメイ 1着
  • コナコースト 2着
  • ペリファーニア 3着
  • ルミノメテオール 4着
  • ダルエスサラーム 6着
  • キタウイング 7着
  • ドゥーラ 15着

ドゥーラは1秒以上離されていますので、
マイナスと見ていきたいところですが、

それ以外の6頭は0.3秒以内で、
ここを狙う意味はありそうです。

あとは単純に阪神JFの1、2着馬。

この辺りはレベルが高いレースを経験済みで、
ここでも当たり前に注目していきたいところです。

  • リバティアイランド 1着
  • シンリョクカ 2着

 

ここも面白い2頭となります。

まとめ:2023年の”桜花賞”の予想も
過去データから有利枠やレース傾向分析

 
色々な面から桜花賞を考察しました!

3歳の最強牝馬決定戦でもあり、
この称号を手にしたいお馬さんはたくさんいます。

ここで勝ったお馬さんは、
未来にも名前が残す可能性が高いほどのレースです

その分仕上げてくるお馬さんが多くて、
レース自体も面白いものとなるでしょう。

その中でもどのポイントに注目するのか。

覚醒した穴馬さんも同時に見極めていきましょう。

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”桜花賞”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までに更新します!

今回も枠が重要だと思います。
しっかりデータが揃ってから予想していきましょう!

あとは当日楽しむだけですね!
明日もいい競馬ライフを!