どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《有利枠は?》”京都新聞杯”の過去レースデータから2023年の穴馬予想も

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
今年は京都競馬場で行われる、

”京都新聞杯”のレース傾向を分析します!

2200mのG2レースでして、
日本ダービーの前哨戦でして、

中長距離路線のお馬さんは、
ここに向けて仕上げてくることも多いです

あまりない中長距離の中で、
しっかり荒れるレースであることもあり、

2023年も穴馬さんが狙えるかもしれません。

有利枠などのコースでのデータ、
レース傾向などにより2023年の予想もしていきます。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”京都新聞杯”の有利枠と穴馬
過去データから2023年のレースの傾向を予想

 
まず京都新聞杯とは、
5月に京都競馬場で開催される
外回り2200mのG2レースとなります。

京都競馬場の難しい特徴があるので、
先週の天皇賞春でもその難しさが出てきて、

競走中止が出たり、
大変にタフなコースとなっているようです。

そんな今年の傾向も合わせて、
過去データも合わせることにより予想を導き出していきます。

donchan-img
どんちゃん

まずは京都競馬場の勉強からね…!

 

京都競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり京都競馬場外回りと言えば、
水準以上のスタミナ長い直線

この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 京都競馬場のコース特徴はこちらから

”京都新聞杯”のレース傾向

3歳牡馬の2200mのレースでして、
スタートからカーブまでの直線も長いので、

ペースは早くならなさそうなのですが、
実際は色々なペース展開となっていますが、

2023年の予想に関しては、
そこまでペースを上げるお馬さんもいないので、

少なくとも中盤は緩むと考えられます。

したがって前も強く働くこともあり、
差し切りまでみることができることからも、

ここでしっかり走りきるスタミナがあるお馬さん。

見極められれば穴馬さんも探せるかもしれません。

”京都新聞杯”のお馬さん傾向

割と前後ろの有利不利が少ないことからも、
瞬発力よりかは、

最後のカーブから直線での長い脚を使えるお馬さん

ここに期待がかかるものだと思います。

上がり3ハロンのタイムよりかは、
長い平坦の直線で徐々にスピードを上げていけるお馬さん

この辺りに狙い目が出てきます。

とは言え過去のレースを見てみますと、
33秒台の上がりを見せたお馬さんが勝っていたり

末脚を発揮したお馬さんも勝っているので、
瞬発力を見せれるお馬さんも、

しっかり予想には入れておきたいところです。

まとめとしては、
長距離適性と長い加速ラップの末脚

強いお馬さんを考えてみましょう。

有利枠からの分析

ということでまずは有利枠。
こちらから確認していきましょう。

京都競馬場で行われた2013〜2020年のデータを参照しています。

  • 1枠 0-1–0-10
  • 2枠 3–0–1-7
  • 3枠 1-2–1-9
  • 4枠 0–2–1-12 
  • 5枠 1-0–0-15 
  • 6枠 0-1–2-13
  • 7枠 2-2–1-12
  • 8枠 1-0–2-14

割とはじめのペースが読みにくく、
その分周りが見えやすくなる外枠が強くなる傾向にあります。

特に7枠にいい数字が見えていますが、

頭数が違うレースの中で、
馬番号10〜12番あたりに強い傾向があります

内枠に数字が出ていないわけでないことも、
内ラチ沿いに強い傾向はしっかり出ているのでしょう。

このタフなレース展開を活かせる枠。

という考えで不利なく回れるお馬さんを選んでみましょう。

したがって強い枠としては、

  • 7枠2枠3枠(6枠)

 

結果から考えてみましても、
7枠は内の出方を見ながら強いポジションで戦える

それ以外は不利なく回れる2、3枠。
ここは人気馬さんが結果としては多いようですが、

マイナスは少ない枠なので押さえておきましょう。

そしてここで、
穴馬さん推奨の枠が6枠です
1発ありそうなお馬さんが入ったら迷いなく入ってみましょう。

また弱い枠としては、

  • 1枠8枠5枠

 

1枠は埋もれてしまいやすい点
マイペースで運びにくい枠ですのでマイナス

8枠はほぼレースの仕方が限られるため、
1着を狙う場合は少し難しい位置となります。

5枠は数字がなかなか出てこないですが、
6、7枠にあまり出足がないお馬さんが入った場合は、

一気に強くなるかもしれません…!

donchan-img
どんちゃん

京都競馬場のデータも徐々に固まってきています…!

 

”京都新聞杯”で狙える得意騎手は

スタートとゴールまでの直線が平坦で長い。

新人騎手にとっては初体験のコースで、
得意な人はわかりやすく出てきています。

そんな一番狙いたい騎手さんとしては、

  • 武豊騎手
  • 京都競馬場と言えばこの方?!
  • ベテラン騎手が輝く舞台かも。

ご自身でも庭だと言っているように、
ここは間違いなく得意な競馬場です。

2023年は出るかどうかわかりませんが、
出たら人気薄でも狙いたいところです

次に考えられますのは、

  • 和田竜二騎手
  • 天皇賞春においても2着の実績!
  • 過去京都競馬場でも成績をしっかり残す..!

京都競馬場に慣れていない騎手さんがいる中で、
このベテランの騎手さんの力は信じたいです。

最後に穴として狙いたいのは、

  • 藤岡佑介騎手
  • 実はかなりの成績の良さ..!
  • 人気もしにくく回収率はかなり高い!

京都競馬場で見かけたら、
少し買っておきたい騎手さんです!!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…。

 

”京都新聞杯”で有利枠以外の考え方
データと傾向から考えるオカルト穴馬予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!

京都競馬場は久々の開催ですので、
まだまだデータも少なく大変ですが、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

 

この2点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

強い血統は?

まず基本的に京都競馬場の長い直線においては、

サンデーサイレンス系統

ここに結果が出ていることがわかります。

少し前の天皇賞春においても、
サンデーサイレンスがしっかり結果を出して、

その傾向は疑わず信じていきたいものです。

更に母父としては、
少しパワーがある血統背景として

  • 欧州型のミスプロ系統
  • ノーザンダンサー系統

よくデータにも現れていると思います。

この対象馬さんとしては、

  • サトノグランツ
  • サトノダイヤモンド×母父ノーザン系統
  • サトノトルネード
  • ハーツクライ×母父ノーザン系統
  • ドットクルー
  • ディーマジェスティ×母父ロードカナロア
  • マコトヴェリーキー
  • オルフェーブル×母父ストーミングホーム
  • ローレルキャニオン
  • ジャスタウェイ×母父ノーザン系統

 

この辺りには狙い目となることでしょう。

前レースとの関係性

まずは公式分析からですが、
重賞レースでの結果を見ていきます。

重賞で3着以内の実績を持つお馬さん

もちろん人気はするとは思いますが、
軸として能力は間違いないところでしょう。

まずこちらの対象馬さんとしては、

  • ドットクルー 毎日杯3着
  • オメガリッチマン 京成杯2着

 

この2頭は必ず押さえた方がいいでしょう。
そしてここ10年のデータからは、

はなみずき賞

前走からこちらからの参戦馬が、
京都開催の時には多くなっています。

しかし2023年は対象馬さんがいないので、
今年はデータ派としては混戦が考えられそうです…。

まとめ:2023年の”京都新聞杯”の予想も
データから有利枠やレース傾向から穴馬分析も

 
色々な面から京都新聞杯を考察しました!

日本ダービーの前哨戦で、
とにかく読みが難しいレースとなっています

分析のデータも少なくなっていて、
お馬さんの強さがはっきりしていないことや、

この距離は初めてなんてお馬さんも多いです。

そんなことからも穴馬さんを狙えれば、
高配当を獲得することも夢ではありません。

そんなお馬さんを見極めて、
勝てる馬券を作っていきましょう!

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

 

などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”京都新聞杯”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!