どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《荒れるレース》”函館記念”の過去傾向から2023年の有利枠と血統予想も

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
函館競馬場で行われる、

”函館記念”のレース傾向を分析します!

函館の2000mのコースで行われる、
夏のハンデ戦のレースとなっています。

やはりこの重賞では使われないコースで、
とんでもなく荒れるレースとなっています。

この過去データ傾向から、
2023年の有利枠や血統背景を分析することで、

勝てる馬券まで考えていこうと思います。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

 

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”函館記念”の有利枠と穴馬さん
過去データから2023年レース傾向を予想

 
まず函館記念とは、
7月に函館競馬場で開催される
ハンデ戦2000mのG3レースとなります。

函館で行われる中距離のレースで、
斤量の違いもあり他にデータが少ないコースですので、

予想するのはかなり難しいです。

できるだけデータを広くして、
買えるお馬さんを分析していきましょう。

donchan-img
どんちゃん

まずは函館競馬場の勉強からね…!

 

函館競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり函館競馬場と言えば、
小回りローカルコース

この辺りも重要な点となるでしょう!

 ➡︎ 函館競馬場のコース特徴はこちらから

”函館記念”のレース傾向

ペース傾向としては、
ミドル〜ハイペースとなっています。

ハイペースになっても、
前残りレースが多くあることからも、

小回りコースでのレースの中では、
どれだけ内に入れるかが大事なポイントとなりそうです

その上でペースが落ち着いたなら、
完全に前決着としてみてもいいですし、

ただそのペースが少しでも早くなるのなら、
その少し後ろのお馬さんが出てきます。

この辺りは馬場状況によってかなり変わるので、
しっかりその前のレース傾向も掴んでいきましょう。

”函館記念”のお馬さん傾向

先行できるお馬さんや、
まくれるお馬さん、この辺りが強くなる傾向ですが、

それも全てスタミナパワーに優れている

ということが重要になりそうです。

過去10年の強いお馬さんをみても、
強くしぶとい脚質を狙っていきたいものです。

上がり3Fが速いお馬さんが馬券内に絡んでいて、
瞬発力があるお馬さんが強いのかと思いがちですが、

アップダウンコースのスタミナ勝負となり、
後方待機のお馬さんもバテバテになることからも、

前めでどれだけスタミナ勝負にできるか。

ということを中心として考えていきます…!

donchan-img
どんちゃん

しんどいコースになってくるよね..!

 

有利枠からの分析

ということでまずは有利枠。
こちらから確認していきましょう。

函館競馬場の過去10年のデータを見ていきます。

  • 1枠 1-1–3-14
  • 2枠 2–3–0-15
  • 3枠 2-3–0-15
  • 4枠 3–1–1-15 
  • 5枠 0-1–2-17 
  • 6枠 1-0–0-19
  • 7枠 1-1–0-18
  • 8枠 0-0–4-16

 
やはりスタミナ勝負となるだけあって、
外枠となってしまうだけでマイナスになります

逃げ馬が残る条件としても、
内ラチ沿いスタミナ消費なく走れることにあり、

内枠のお馬さんがそのポジションを取りやすく、
穴をあけているのも内の方が強く感じます。

そして意外なのは8枠の3着率

これに関しては他のお馬さんの影響を受けなく、
前の争いが熾烈になったときは飛んでくるのだと思います。

したがって強い枠としては、

  • 4枠2枠3枠1枠

 
やはり基本的には内が強いのが、
この4枠から狙うのが順当だと言えます。

馬場状況によっては、
全然違ったレースになることもあるので、

お馬さんの力も考えながら、
一緒に枠も考えていくといいかもしれません

また8枠にも複勝率はあるので、
ここはマイナスでは考えないでおきましょう。

また弱い枠としては、

  • 5枠6枠7枠

 
データとしては間違いないデータとなっていて、
この並び3枠はかなりキツくなってきそうです。

今現在のレースを見てみても、
そこまで外枠が強くないことを考えても、

どちらかというとマイナスで考えつつ、
どうしても買いたいお馬さんがいるなら買う。

とみてもいいかもしれません。

donchan-img
どんちゃん

函館競馬場の特殊コースを勝ち抜こう…!

 

”函館記念”で狙える得意騎手は

小回りの特殊コースということもあって、
得意騎手さんが固まっています

毎年何人かの騎手さんに、
いいお馬さんが集まりやすいレースでもあり、

その辺りも信じていきたいところです。

そこで一番狙いたい騎手さんとしては、

  • 吉田隼人騎手
  • 過去10年でも15人を1着などすごい成績
  • 重賞では忘れられない騎手さん

 
トップジョッキーとは言えないまでも、
G1の常連ジョッキーさんであることからも、

能力はあるとみていいでしょう。

次に考えられますのは、

  • 岩田康誠騎手
  • このレースには向く力あり?
  • 思い切ったコースには思い切った騎乗を!

 
強気な競馬をする騎手さんで、
去年も3着に入れていることからも、

最近出していない結果を待望…!

最後に穴として狙いたいのは、

  • 丹内祐司騎手
  • 北のルメールとも言われていますが、
  • ローカル競馬場での結果が強いです

 
札幌の方が強い印象ですが、
函館でも活躍を期待していいと思います!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…。

 

2023年の”函館記念”の血統面などから分析
過去データとレース傾向からオカルト穴馬予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!

函館競馬場は久々の開催ですので、
まだまだデータも少なく大変ですが、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 斤量ごとの成績
  • 強い血統は?
  • 前走との関係性

 
この3点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

斤量ごとの成績

やはりハンデ重賞ということもあって、
荒れる原因もこの辺りにもあります。

この斤量差も考えていけば、
勝てるお馬さんが狙っていけるかもしれません。

まずは過去10年のデータから見ます。

  • 51.0以下 0-0–0-5
  • 52.0 0-1–0-7
  • 53.0 0–1–1-4
  • 54.0 2-1–2-30
  • 55.0-55.5 2–2–4-25
  • 56.0-56.5 4-3–1-34
  • 57.0以上 2-2–2-22

 
ハンデ戦とは言え、
ある程度の斤量が重いお馬さんがきていて、

能力の違いは出てきそうなイメージです

ただ去年のスカーフェイスのように、
G1含めた重賞で好走しながら
斤量が軽いお馬さんも出てくるので、

1着になった結果というよりは、
どんなレースでどのような走りをしたか。

中心としてみていきましょう。

強い血統は?

過去10年での注目血統は、
やはり洋芝でのレースとなるため、

レース傾向から考えても、
パワーに偏った血統が勝つ印象が強いです

パワーレースでのお馴染みとなった、

  • ハーツクライ系産駒
  • ステイゴールド系産駒
  • フジキセキ系産駒
  • ロベルト系統

 
これらを基本の血統背景として、
ミスプロ系統やノーザンダンサー系統の、

外国血統が入ってくる血統に狙い目です。

対象馬さんとしては、

  • イクスプロージョン
  • オルフェーブル×母父シンボリクリスエス
  • キングオブドラゴン
  • ハーツクライ×母父コロナドズクエスト
  • スカーフェイス
  • ハーツクライ×母父クロフネ
  • マイネルウィルトス
  • スクリーンヒーロー×母父ロージズインメイ
  • ヤマニンサルバム
  • イスラボニータ×母父ホワイトマズル
  • ローシャムパーク
  • ハービンジャー×母父キングカメハメハ

 
この辺りは血統系統はいいですが、
今年はステイゴールド系が少なく、

あまりデータこそないですが、
オルフェーブル産駒イクスプロージョンは狙い目が出てきそうです

また最近はハービンジャー産駒が強いので、
今回の目玉のお馬さんとはなりますが、

ローシャムパークは普通に強そうですね..。

donchan-img
どんちゃん

外国の競馬場でも勝てそうなお馬さんだね..!

 

前走との関係性

やはり穴馬さんとしては、
巴賞組がいい結果を出していますが、

その数に比べれば、
全体の頭数では結果が少なめです

したがってレースとしては狙うべきですが、
そこでどういうレースをしたかを重要視していきましょう!

それ以外にはやはり重要成績と、
どんなレースでどんな走りをできたか。

と考えていくことも重要です。

G1でレースして大敗したと言って、
このレベルのレースですと勝つ可能性もあります。

なので上位条件G2G1での結果

ここを実際の分析内容としていきます。

  • 古馬混合G110着以内
  • スカーフェイス
  • 大阪杯 6着
  • ルビーカサブランカ
  • エリザベス女王杯 8着
  • ユニコーンライオン
  • 宝塚記念 2着
  • 古馬混合G25着衣内
  • アラタ
  • 金鯱賞 3着
  • キングオブドラゴン
  • 京都記念 4着、日経新春杯 2着
  • ドーブネ
  • 中山記念 3着
  • マイネルウィルトス
  • 目黒記念 2着、アルゼンチン共和国杯 2着

 
軸馬さんはこの辺りから出てもおかしくないのではないでしょうか!

まとめ:2023年”函館記念”の穴馬予想
過去データから勝てる血統やレース傾向を分析

 
色々な面から函館記念を考察しました!

とんでもなく荒れることもある重賞レースで、
当てることができれば配当も期待できるレースです

とは言え後から考えてみれば、
わかるといったデータも多くありますので、

穴馬さんをしっかり導き出していきましょう。

前走などみることはもちろんですが、
血統などのデータでも潜在能力が見えてきます

使えるデータは全て使って、
2023年の勝てる馬券も狙っていきましょう!

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

 
などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”函館記念”

狙いたいお馬さんとしては、

  • マイネルウィルトス
  • テーオーシリウス
  • ローシャムパーク

 
この辺りは枠などによっては狙えそうです。

それ以外はまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!