どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《荒れるレース?》”ラジオNIKKEI賞”を血統や有利枠から2023年の穴馬予想

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
今年は福島競馬場で行われる、

”ラジオNIKKEI賞”のレース傾向を分析します!

1800mの3歳ハンデ重賞ということで、
やはり荒れるレースとなっています。

過去データを見てみても、
パンサラッサやバビット、フェーングロッテンなど、

面白いお馬さんが並んでいるのが見えます。

血統有利枠などからも、
2023年の狙える穴馬さんのデータはたくさんありますので、

様々なデータを使うことで、
大きく配当を狙える予想をしていきましょう。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

 
この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”ラジオNIKKEI賞”に有利枠から穴馬を
過去データから2023年のレース傾向を予想

 
まずラジオNIKKEI賞とは、

今年は7月に福島競馬場で開催される、
G3の3歳ハンデ戦1800mの重賞レースとなります

ハンデ戦で軽い斤量ばかりに釣られることなく、
今から本格化するお馬さんを見極めていきましょう。

また福島競馬場も開催週ということで、
芝の状態やここまでのレース傾向を見ておくと、

完全に予想することも可能かもしれません。

donchan-img
どんちゃん

3歳の本格化は今からかも…!

 

福島競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり福島競馬場と言えば小回りアップダウン!
この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 福島競馬場のコース特徴はこちらから

”ラジオNIKKEI賞”のレース傾向

まず過去10年のレースにおいては、
開催週ということもありまして、

ほぼほぼ内前に有利な馬場とはなっています

ペースはミドル〜ハイペースとなっていて、
前争いが熾烈になってしまうと流石に厳しい流れとなります。

ただ意外にも逃げ馬さんが1着になったのは、
2020年のバビットだけであることからも、

いくら小回りの前有利とは言え、
頭で予想するのは難しいのかもしれません

またハンデ戦ということもあり、
早くなりやすいペースの中でどう立ち回るのか。

とレースを予想してみると面白いかもしれません。

donchan-img
どんちゃん

前有利を前のレースで確認しよう..!

 

”ラジオNIKKEI賞”のお馬さん傾向

内前有利なのもあるのですが、
それ以上に内からの抜け出しが重要となるレースですので、

見ていきたい特性としては、

  • 小回りでのコーナリング
  • 最後まで加速を維持するスタミナ
  • 短い直線でも早い瞬発力

 
この3点がかなり重要となる点です。

前有利な開幕週とは言え、
アップダウンの激しいコースの中で、
最終的にはスタミナからの瞬発力勝負となります

そんなことからも逃げ馬が粘りきれなかったり、
上がり最速の脚を出したお馬さんが勝ったりしてしています。

なので上記の3点を満たしながら、
ある程度前めでレースができそうなら、

間違いなく狙いどころだと思います。

有利枠からの分析

このレース傾向の分析の通りに、
有利枠も決まっていると思います。

もちろんそのお馬さんに合っているか。
ということも重要ですので、

これだけが全てではないですが、
考える余地は大きくあります。

それでは過去10年のデータになります。

  • 1枠 3-1-2-10
  • 2枠 2–2–3-9
  • 3枠 1–1–1-13
  • 4枠 0–0–0-18 
  • 5枠 1-3–1-15 
  • 6枠 1-2–0-17
  • 7枠 1-0-2-17
  • 8枠 1-1–1-17

 

やはり開幕週であり、
元より内前が有利と言われる福島競馬場。

内枠のお馬さん押して勝ち切る傾向にあります

レース傾向から、
ミドルペースからハイペースになると予想していますが、

あまり早くなりすぎると、
いくら内前有利とは言え差しが勝つ年もあります。

その時には馬群に飲まれない外枠も有効なので、
ペースはどれぐらいになりそうかも予想としてみましょう。

したがって強い枠としては、

  • 1枠2枠5枠

 

外と内を半分に分けたときの、
最内の1枠と5枠に強い結果が出ています。

ポジション取りは当たり前に大事なので、
小回りコースでも遅れない位置を考えてみましょう

そして弱い枠としては、

  • 4枠3枠8枠

 
3枠や4枠あたりは、
マイナスが少ないように思えますが、

4枠はここ10年で1回も馬券に絡んでいません。

枠を半分した際の大外枠ではあるので、
内のポジションがとりにくい位置なのかもしれません。

donchan-img
どんちゃん

開幕週は枠が重要だよ…!

 

”ラジオNIKKEI賞”で狙える得意騎手は

福島競馬場で狙える部分として、
上位にいるジョッキーはあまりこないことがあります。

ただその分、
渋い実力のある騎手さんいいお馬さんが集まることがありますので、

普段狙わない騎手さんを狙ってみていいと思います。

まずは一番押さえておきたい騎手さんは、

  • 石川祐紀人騎手
  • 非根幹距離の重賞では結果を!
  • 当レースも9番人気を2着など好走経験あり

 
昨年はダートですがG1もとって、
非根幹距離のレースではぜひ狙いたい騎手さん!

どんどん勢いも出てきているかも…!

  • 松若風馬騎手
  • 逃げ・先行×松若の勢いは重要でも
  • 去年の1着馬さんはここでも注目!

 
最近特に逃げ馬さんの騎乗依頼も多く、
しっかり結果も出していますので、

もう忘れられないところかもしれません。

そして今回穴として考えたいのは、

  • 田辺裕信騎手
  • 福島出身でここはとりたい舞台のはず
  • 過去1着1回だけなもののやる気は間違いない

 
騎手さんとは言え人間なので、
自分の出身地はいつも以上の実力が出せるかも…!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…!

 

”ラジオNIKKEI賞”で血統からの分析
過去データとレース傾向からオカルト穴馬予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!

福島競馬場はあまり使われないレースなので、
オカルト予想などもなかなか通用しないことも多いですが、

予想の1つとして考えてみるといいかもしれません。

今回見ていくのは、

  • 斤量がレースに与える影響
  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

 
この3点となります!

JRAの本家分析はこちら!

斤量がレースに与える影響とは

ハンデ戦ということで、
斤量がかなり重要になってくることは間違いなしです…!

まずは10年のデータから見てみましょう。

  • 52.0以下 0-0–1-25
  • 53.0 1–4–4-32
  • 54.0 5-3–3-32
  • 55.0-55.5 2–3–1-9
  • 56.0-56.5 2-0–1-15
  • 57.0以上 0-0–0-4

 
まずハンデ戦ということもありますが、
そこまでハンデのない55キロ今年は56キロ?

が一番勝率も複勝率も高いです。

したがって斤量として軸にすべきは、
56キロを背負ったお馬さんは狙ってもいいデータです。

53〜54キロは数字があるように見えますが、
出走数もかなり多くなっていますので、

その分結果を出すお馬さんが多く見えます。

ただ軽い斤量にマイナスはなく、
もしそれでも好走しそうななお馬さんがいるなら、

穴でしっかり狙ってみるべきでしょう。

対象馬さんとしては、

    56キロ

  • アイスグリーン
  • レーベンスティール
  • オメガリッチマン
  • セオ

 
軸はここになってくるか…!!

強い血統は?

ここで狙いたい注目血統としては、

  • ステイゴールド産駒
  • ブラックタイド産駒
  • キズナ産駒

 
などパワーがありながら、
ある程度スタミナがある産駒が強いです。

そして最近の強い部分としては、

  • ダノンバラード産駒
  • シルバーステート産駒

 
そしてミスプロ系統やロベルト系統のの掛け合わせ、
ちょうどよくこなせる部分が重要です。

今回の対象馬さんとしては、

  • マイネルモーント
  • ゴールドシップ×母父ロージズインメイ
  • グラニット
  • ダノンバラード×母父フサイチコンコルド
  • エマヌエーレ
  • ロードカナロア×母父ハーツクライ

 
あと福島としてはモーリスは少し押さえたいので、

  • アイスグリーン
  • バルサムノート

 
この2頭も押さえていきたいです。

前レースとの関係性

1番の注目どころとしては、
2000m以上からの距離短縮組。

ここに期待がかかります。

3歳の時点では適正距離は分からなく、
福島の舞台も経験していないお馬さんもいます。

その中である程度の頭数で、
2000m以上スタミナレースを経験した

というのは間違いなく強みですし、
そこで負けていたとしても、

小回りコースに向いている可能性はありますので、

どちらかというと、
阪神内回り中山内回り
函館での結果がいきてくるかもしれません。

人気なくても狙ってみましょう。

ただ本家のデータとしては、
中山以外の1600〜2000mの10頭以上のレースで1着経験。

とありますので、
一応このデータも合わせた対象馬さんは、

  • ウイニングライブ
  • オメガリッチマン
  • ヨリキリ

 
この辺りは穴馬さんとして出てくるかもしれません。

まとめ:2023年の”ラジオNIKKEI賞”の予想
血統データ・有利枠のレース傾向から穴馬分析

 
色々な面から、
ラジオNIKKEI賞を考察しました!

福島競馬場の小回りコースは、
前が止まらないことも多く、

その分荒れやすいレースともなっていそうです。

3歳ということで、
ここまでの経験がいきてくる舞台でもありますので、

しっかりレースを見た上でも、
この福島にあっていそうなお馬さんを狙っていきましょう

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

 
などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”ラジオNIKKEI賞”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!