どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《狙える穴馬は》”大阪杯”の過去レースデータから有利枠と2023年予想も

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
阪神競馬場で行われる2000mのレース。

”大阪杯”のレース傾向を分析します!

春のG1レースの1つで、
毎年かなり強いお馬さんが集まるレースです。

過去あの最強馬”コントレイル”や、
”エフフォーリア”などが負けているレースでもあり、

予想が難しくなりそうな部分もあります。

様々なデータを使うことで、
有利枠やデータなどから2023年の穴馬さん予想もしていこうと思います。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”大阪杯”に有利枠はあるのか
過去データから2023年のレース傾向予想

 
まず大阪杯とは、
4月に阪神競馬場で開催される
内回り2000mのG1レースとなります。

阪神内回りコースは特徴的ですので、
データが少ない中でもある程度絞ることもできるかもしれません

しかしその中でも突然勝つような”ポタジェ”
みたいなお馬さんも見つけることも必要で、

難しいこのコースで、
しっかり対応できるお馬さんを探していきましょう。

donchan-img
どんちゃん

ここで実力を発揮するお馬さんも少なくはありません..!

 

阪神競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり阪神競馬場内回りと言えばスタミナ!
この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 阪神競馬場のコース特徴はこちらから

”大阪杯”のレース傾向

まずペースとしては、
ほとんどがスロー〜ミドルペースとなっていて、

阪神の内回りということですので、
前残りになることが予想されます

とは言え能力があるお馬さんが集まる中で、
末脚があるお馬さんなら届くこともあり、

更に馬場状況によっては、
先行したお馬さんが勝てていないレースもあります

この阪神内回りというコースは、
標準以上にスタミナが必要なレースであり、

最後まで長い脚を必要な流れで予想し、
楽に抜け出せそうなお馬さんを狙いたいです。

”大阪杯”のお馬さん傾向

基本的には先行馬さんなどの、
前めで競馬ができるお馬さん。

というのが必要な要素かなと思います。

とは言え上がりで33秒台がでた年もあり
末脚最速を出したお馬さんが勝ったレースもありますので、

しっかり瞬発力も見極めながらも、
長い加速持続力を持つお馬さん。

スローペースから追いつけない脚を使う

そんなお馬さんがいるなら、
軸として考えるのが適当かもしれません。

ただ全ては当日の馬場状況で変わる予想ですので、
しっかり見極めていきましょう。

有利枠からの分析

有利なレースに進めるための枠の考え方。
過去10年の枠での有利を考えていきましょう。

  • 1枠 0-1–0-11
  • 2枠 0–0–1-11
  • 3枠 2–4–1-9
  • 4枠 3–1–2-11 
  • 5枠 1-1–3-13 
  • 6枠 1-1–1-16
  • 7枠 2-1–1-15
  • 8枠 1-1–1-16

まず基本の考え方としては、
内前が強いのがこのレースです。

ただその中でも馬場状況が読みづらいところで、
最内が一番いいかと言われれば絶妙なところです

結果にも現れていて、
一番いい枠は3〜4枠となっていますので、

前年までと寝たような馬場状況であれば、
基本は馬番号で10番以内の枠で考えていきましょう

7枠にもいい数字はありますが、
小頭数で行われた時と先行した人気馬さんでしたので、

しっかり内枠中心として考えていきましょう。

したがって強い枠としては、

  • 3枠4枠5枠

外枠を狙う時は出足がよく先行できるお馬さん。

かなり厳しいとは思いますが、
能力があるお馬さんでしたらもしかしたら…。

また弱い枠としては、

  • 2枠1枠8枠

基本は内があかないレース展開と考え、
最内と届かないであろう大外。

ここはマイナスで見ていいでしょう。

donchan-img
どんちゃん

阪神競馬場は荒れやすい…?!

 

”大阪杯”で狙える得意騎手は

さてここ1番のG1レースの中で、
ほとんど全員が勝ちに来ているレースです。

その中でもよく勝っている騎手さん。

この阪神競馬場で結果を出している方もよくいます!!

そんな一番狙いたい騎手さんとしては、

  • 川田将雅騎手
  • 阪神競馬場は大の得意コース?!
  • 大阪杯において過去5年で4回連帯

今年の調子から見ても、
絶対外してはいけない騎手さんの1人です!

オカルト的にはほぼ馬券内…!

また次に狙いたい騎手さんは、

  • 武豊騎手
  • ここ一番で狙いたい騎手さん…!
  • 今では少し穴になることもあって狙いやすい!

最近主力の騎手さんではないですが、
伝説の騎手さんではあることは間違いなく、

G1レースで賑わしてくれることも..!

そして最後に穴として狙いたい騎手さん。

  • 横山典弘騎手
  • 今年は重賞にもめっぽう強い…!
  • 予想できない結果を見せてくれることも

この人だけは何も予想ができません。
突然穴をあけるならこのかたかも…?!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…。

 

”大阪杯”で枠有利以外の考え方
データと傾向から考えるオカルト予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!
阪神競馬場は1年を通して使われるコースですので、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 人気がレースに与える影響
  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

この3点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

人気がレースに与える影響とは

まずは完全なオカルト予想として、
人気がレースに与える影響を考えてみましょう。

まずはここ10年のデータを見ます。

  • 1番人気 3-1–3-3
  • 2番人気 3–2–1-4
  • 3番人気 0-1–0-9
  • 4番人気 2–1–3-4
  • 5番人気 0–1–1-8
  • 6番人気 0–3–1-6
  • 7~9番人気 2-1–1-25
  • 10番人気以降 0–0–0-43

 

まずはなぜか。
3番人気のお馬さんが勝てていないこと。

そしてその分4番人気に狙い目があります

10番人気以降には結果がなく、
基本大荒れはしないと見ていいです

なので1、2、4番人気軸から、
6〜9番人気で流すのが回収率は高そうです

少しは荒れるレースですので、
とんでもない強さのお馬さん以外は信じきらない方がいいでしょう。

強い血統は?

まず何十年経っても結果が出ているのが、

  • ディープインパクト産駒
  • 母父ノーザンダンサー系統storm bird,vice regent

ここが間違いない部分です。

阪神競馬場自体もノーザンダンサー系統が強く、
これが何十年も結果となっています。

争わずに考えてみましょう。

そして穴目としては、

  • キングカメハメハ産駒
  • ドゥラメンテ産駒
  • ルーラーシップ産駒

ミスプロ血統です。
そして最後にナスルーラ系統

新しい世代も出てきていますが、
そんな予想からお馬さんを選出しましょう。

対象馬さんは、

  • ディープインパクト産駒
  • キラーアビリティ 母父ナスルーラ系統
  • ノースザワールド 母父storm bird系統
  • 母父ディープインパクト
  • ワンダフルタウン 父ルーラーシップ産駒
  • ヒンドゥタイムズ 父ハービンジャー産駒
  • マリアエレーナ 父クロフネ産駒

 

穴目が多くなりましたが、
この中1頭ぐらいは馬券内に入るのではないでしょうか。

または最近の傾向から見ると、
ロベルト系統も忘れることはできないので、

  • ジェラルディーナ
  • モーリス産駒×母父ディープインパクト

 

最近の血統面としては、
ここは本命でもいいかもしれません。

前レースとの関係性

もちろんG1レースということで、
有馬記念などレベルが高いレースからのお馬さんが多いです。

それ以外に多いレースとして、

金鯱賞

こちらが穴馬さんとしても、
よく見るレースとなっています。

対象馬さんとしては、

  • アラタ 3着
  • ポタジェ 6着

 

ということで少し不安感はあるお馬さんです。
そこで本家JRAのデータより、

  • 阪神競馬場での3着内率
  • G1レースでの実績

そこで絞っていくと、

  • スターズオンアース
  • ヒシイグアス

 

完全に当てはまるのは、
スターズオンアース一頭のみ

しかし3歳の牝馬戦ということで、
ここはやはり荒れるレースとなるのでしょうか。

まとめ:2023年の”大阪杯”の予想も
様々なデータから有利枠やレース傾向を調査

 
色々な面から、
大阪杯を考察しました!

この難しい馬場状態の中での2000mのレース。

かなり予想が難しいものだとは思います。

特殊馬場のレースが多い中で、
評価を落とした実力馬さんがいれば

狙える穴馬さんも出てくると思います。

2023年も穴をあけそうなお馬さんも多く、
ここは少し高配当を狙いたいところです。

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”大阪杯”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までに更新します!

今回も枠が重要だと思います。
しっかりデータが揃ってから予想していきましょう!

基本は人気馬さんが強そうですが、
荒れやすい大阪杯のレースですので、

どの子を軸にして、
どの子を穴馬さんとして狙っていくのか…!

かなり難しいと思います。