どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《穴馬はどこか》”フローラS”の過去レース傾向から有利枠と2023年予想も

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
東京競馬場で行われる、

”フローラS”のレース傾向を分析します!

牝馬三冠レースの1つである、
オークスを目指すお馬さんが集まります。

東京競馬場で行われるレースで、
ここからオークスだけを狙うよう穴馬さんも現れるかもしれません。

そんな過去傾向からも見極めていきつつ、
2023年の予想を有利枠や血統などから導き出していきます。

まずは今日の大事な3点からです!

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”フローラS”の有利枠と穴馬さんは
データで見れる2023年のレースの傾向を予想

 
まずフローラSとは、
4月に東京競馬場で開催される
2000mの芝のG2レースとなります。

実はあまり行われない東京2000m。

コースにもかなりの特徴があって、
問題があるコースともなっています。

そんな東京競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり東京競馬場といえば長い直線。
この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 東京競馬場のコース特徴はこちらから

”フローラS”のレース傾向

このコースはかなり特殊な形状で、
スタートした後すぐにコーナーが待っています

そこを回ると2つのコーナを回って直線と、
コーナリングで差がつけられないことも、

直線の末脚は大事となるでしょう。

枠の差も謙虚に出て、
この難しさからかスローペースになりやすく

開催週のレースということもありますので、
東京と言えでも前にもチャンスがあるでしょう。

ただコーナーの不利があることはわかっているので、

巻き返そうとペースを上げたりすると、
途端に後ろからの末脚が効いてきてしまうので、

前にいきたいお馬さんがどれだけいて、
どのようなお馬さんの並びになるのか。

と色々なパターンを考えておきましょう。

”フローラS”のお馬さん傾向

この時期のお馬さんに関しては、
まだ一瞬の勝負にかける脚がないことが多く、

最後の直線では内から外から、
長い末脚勝負となってきます

したがって前走までに出た末脚のタイムと、
伸びれるポジションを取るための操縦性

直線の長いコースでは特に、
折り合いが大事にはなってくるでしょう。

未勝利戦の勝ちが少ないことからも、
力を出し切れる状態であるかは。

1つの条件だと思います。

やはりこのレースは枠からの、
ポジションの取り合いも大事なところですので、

スタートから予想してみるとわかりやすいかもしれません。

有利枠からの分析

それでは有利枠の分析。
過去10年のデータからみていきます。

  • 1枠 2–1–1-15
  • 2枠 4–1–1-14
  • 3枠 1-2–2-15
  • 4枠 0–2–0-18 
  • 5枠 0-1–1-18 
  • 6枠 1-2–0-17
  • 7枠 0-0–1-24
  • 8枠 2-1–4-21

基本は1〜3枠に数字が固まっているのは、
やはりこのコース形態だからとなっていますが、

一気に内ラチにお馬さんが寄ってくるので、
割と小さい事故も起こりやすいので、

完全に勝てない理由はこの辺りにあります

更に外枠が一気に先行争いで内に寄ると、
内はプレッシャーを与えられ狭くなってきます。

したがって。
外に出足のいいお馬さんがいるなら
その内はマイナスで見る考え方も必要かもしれません

つまり強い枠としては、

  • 2枠3枠1枠

とは言え内枠は数字がしっかり出ていて、
カーブさえ曲がってしまえば得な枠ではありますので、

基本的には疑わないでいいでしょう。

そして弱い枠は、

  • 4枠5枠7枠

5枠により外枠は基本マイナスなのですが、
逆に8枠が頑張って前に来てしまうと、

その内は狭くなりますので、
全てが不利枠に変わる可能性があります

donchan-img
どんちゃん

逃げ馬さんがどこに入ってしまうのか…!

 

”フローラS”で狙える得意騎手は

それではこの東京競馬場の、
押さえておきたい騎手さん。

オカルトも考えながら見ていきましょう。

まずは一番押さえておきたい騎手さんは、

  • 戸崎圭太騎手
  • 最近は不調が見えますがやるときはやる!
  • このレースにおいても実績あり!

こんなコースは経験がものを言うかもしれません…!!

続いては、

  • 吉田豊騎手
  • パンサラッサで世界の豊に…!
  • 去年は4人を2着、過去に13人を3着に…?!

注目はされにくいので、
穴馬さんとしても本命馬としても考えられる1人!

最後に穴騎手さんとして、

  • 横山和生騎手
  • タイトルホルダーでなくても勝っています!
  • 2023年の東京の成績良し!

そこまで回数こそないですが、
東京に来れば勝率は15%越えで単勝回収率は100%を超えています。

今狙っていくのもありでしょう…!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じ取ってみよう..!

 

”フローラS”で有利枠以外の考え方
過去データと傾向から考えるオカルト穴馬予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!
東京競馬場は1年を通して使われるコースですので、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 通算出走回数と新馬戦
  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

この3点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

通算出走回数と新馬戦

公式のデータからとなりますが、

  • 新馬戦を勝ち
  • 通算出走回数4戦以下

この辺りのデータを取っていきます!

皐月賞においても馬券内になったのは、
新馬戦で勝利したお馬さんばかりだったということで、

元々強いお馬さんは途中負けていても強い。

という法則がある気がしています。
ということでこの対象馬さんとしては、

  • イトカワサクラ
  • イングランドアイズ
  • クイーンオブソウル
  • ティファニードンナ
  • ドゥムーラン
  • バロッサヴァレー
  • ピクシーレーション
  • ブライトジュエリー

 

割と多いデータですが、
ここから少しずつ絞っていきます!

強い血統は?

日本の競馬場というものは、
基本はサンデーサイレンスがよく走り

このレースにおいても父か母父。
どちらか入っているお馬さんがよく馬券内に来ています

ただその相手としては割とバラバラですが、
その中でも目立っているのは、

  • ロベルト系統
  • キングマンボ系ミスプロ系統
  • ハービンジャー産駒

この辺りは最近も結果が出ているので、
押さえて考えてみましょう。

対象馬さんとしては、

  • アウフヘーベン
  • サトノダイヤモンド×母父キングカメハメハ
  • キミノナハマリア
  • ハービンジャー×母父ヴィクトワールピサ
  • コイニョウボウ
  • キズナ×母父キングカメハメハ
  • ソーダズリング
  • ハーツクライ×母父シンボリクリスエス

 

この辺りが対象馬さんになりますが、
結果が固まっていないだけにここは難しいところです。

迷ったときのヒントぐらいに考えておきましょう。

前レースとの関係性

まずよく勝っているお馬さんとしては、

  • 君子蘭賞
  • フラワーC

ここから参戦したお馬さんが目立っています。

新馬戦からのお馬さんや、
未勝利戦からでは中々勝ち馬さんが出ていないので、

やはり名前のあるレースで勝つこと。

ここから選定していきましょう。

対象馬さんとしては、

  • 君子蘭賞
  • キミノナハマリア 1着
  • フラワーC
  • ゴールデンハインド 4着

 

重賞に出ていたお馬さんも少ないので、
自然とこの辺りを買うことにはなりそうです。

まとめ:2023年の”フローラS”の予想も
様々なデータから有利枠やレース傾向・穴馬を調査

 
色々な面からフローラSを考察しました!

クラシック3冠レースである、
牝馬重賞のオークスに向けたレースで、

ここだけを狙ってきたお馬さんや、
負けたら後がないようなお馬さんもいます。

3歳牝馬の化け物がここから生まれることもあり、
注目するレースの1つであります。

追い切りなどそのやる気を感じ取れば、
かなり勝ちに近づけると思います!

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”フローラS”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までに更新します!

今回も枠が重要だと思います。
しっかりデータが揃ってから予想していきましょう!

あとは当日楽しむだけですね!
明日もいい競馬ライフを!