どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《血統傾向も》”函館2歳S”の過去レースから2023年の有利枠から穴馬予想も

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
函館競馬場で行われる、

”函館2歳S”のレース傾向を分析します!

名前の通り2歳の初の重賞レースとなりまして、
まだ実力がはっきりしていないことからも、

穴馬さんが読みやすいこともあって、
血統傾向や過去レースデータの有利枠などにより、

2023年の勝てる馬券を導き出していきます。

やはり荒れるレースとなっているので、
高配当も狙うことは可能となっているでしょう!

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

 
この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”函館2歳S”の有利枠と穴馬さんの関係性
過去データから2023年レース傾向を予想

 
まず函館2歳Sとは、
7月に函館競馬場で開催される
2歳戦1200mG3レースとなります

函館で行われる短距離のレースですが、
スパイラルカーブも導入していますので、

開幕週とは言えども、
前が完全に有利とは言えない状況ともなっています

2歳ということもあり、
少し見方が違うところもありますので、

まずはデータから見ていきましょう。

donchan-img
どんちゃん

まずは函館競馬場の勉強からね…!

 

函館競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり函館競馬場と言えば、
小回りのローカルコース

この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 函館競馬場のコース特徴はこちらから

”函館2歳S”のレース傾向

ペース傾向としては、
ほとんどのレースでハイペースとなっています

とは言え初めは完全に登りのため、
一気にスタミナは削られるコースとなるでしょう

脚が止まってしまうお馬さんも多いので、
スタミナとしっかりとした末脚が必要となります

まだまだ若いお馬さんの戦いで、
内で脚を休めてというレースは難しいこともあり、

外を回ったとしても、
他馬さんに影響を受けない位置が重要だと思います

能力があるお馬さんだとしても、
レースする位置は大事だと思います。

”函館2歳S”のお馬さん傾向

まだお馬さんの能力ははっきりしていなく、
どんな点から考えいくかが難しいですが、

  • 自分のペースの逃げ馬さん
  • 逃げ馬さんの後ろの先行馬さん
  • ゆっくり後方待機の差し馬さん

 
この3種類のタイプは強くレースできるので、
新馬戦でどんなレースをしたのか。

と考えていくと、
ここでも活かせるのではないでしょうか。

特にトラックバイアスなしに強かったお馬さんや、

もう少しいい流れでレースできれば
勝っていたであろうお馬さんなど。

しっかり考えてみると勝ちにつなげられるかもしれません。

有利枠からの分析

ということでまずは有利枠。
こちらから確認していきましょう。

函館競馬場の過去10年のデータを見ていきます。

  • 1枠 1-1–1-14
  • 2枠 0–0–3-15
  • 3枠 1-4–3-10
  • 4枠 0–1–2-16 
  • 5枠 1-1–0-16 
  • 6枠 3-2–0-15
  • 7枠 1-1–0-17
  • 8枠 3-0–1-16

 
やはりレース傾向の通り、
外枠の方が他のお馬さんが影響しないこともあり、

基本的には6〜8枠に強くデータが固まっています

ただ内から出足が伸びたお馬さんは、
そのまま勝ち切ったこともあり、

特に1枠と3枠は穴馬さんを生みやすく
ヒモでは考えていきたい枠となります

ただ8枠は強い数字があるものの、
小頭数のレースでの結果が多いことはありますので、

馬番で言う10〜13あたりが強いかと思われます。

したがって強い枠としては、

  • 6枠3枠7枠

 
大外枠に関しては、
強いお馬さんなら逆にプラスとなるでしょうが、

外すぎると足りないお馬さんもいて、
枠としてプラスには考えないようにしておきましょう

まだある程度馬場が使える状態なら、
1枠も穴馬さんとしては出てきやすいので、

少し押さえておいてもいいかもしれません。

また弱い枠としては、

  • 5枠2枠4枠

 
内枠としては1と3枠以外は軽視で、
5枠も1番人気の1着勝ちと信頼できるデータではないので、

信用できるデータかは難しいですが、
函館は割と3枠が強いようなイメージはありますので、

その内と外は難しいのかもしれません。

donchan-img
どんちゃん

函館競馬場の特殊コースを勝ち抜こう…!

 

”函館2歳S”で狙える得意騎手は

小回りでありながら、
スパイラルカーブがあったり、
最後の直線が短かったりと、

特殊なコース形態になりますので、

得意な騎手さんも出てきています。
そんな部分を去年のデータより感じてみましょう。

一番狙いたい騎手さんとしては、

  • 横山武史騎手
  • 去年の函館の成績はぶっちぎりです!
  • このレースでもここ5年で2着が2回

 
トップジョッキーぽい扱いもありますが、
まだ人気は出過ぎないのでおすすめとなってくるかも。

次に考えられますのは、

  • 鮫島克駿騎手
  • ここ2年は連続で馬券内に
  • G1でも好走するようになってきた!

 
最近は重賞でも強いレースができていて、
強気な競馬も持ち味なので注目したいところです。

最後に穴として狙いたいのは、

  • 三浦皇成騎手
  • 2歳戦においては割と強い..!
  • 穴として考えるなら十分の実力はあり…!

 
いいお馬さんこそ回ってきにくいですが、
騎手さんの力はあるので、

穴馬さんを出すこともよくある…!

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じてみよう…。

 

2023年の”函館2歳S”の血統面などから分析
過去データとレース傾向からオカルト穴馬予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!

函館競馬場は久々の開催ですので、
まだまだデータも少なく大変ですが、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 前走のコースと通過順
  • 強い血統は?
  • 上がり3Fのタイム

 
この3点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

前走のコースと通過順

まずは公式のデータ分析からですが、

  • 前走のコースが函館か札幌
  • 前走の4コーナーが3番手以内

 
これが大事なデータとなっています。

特に4コーナーの3番手以内に関しては、
3着内率はここ10年で100%となっています

この対象馬さんとしては、

  • アガシ
  • クールベイビー
  • コルルディ
  • スカイキャンバス
  • ゼルトザーム
  • タヤスロンドン
  • ナスティウェザー
  • ナナオ
  • ベアゴーゴー
  • ペルパッション
  • ルージュレベッカ
  • レガテアドール
  • ロータスワンド

 
かなり多くはなっていますが、
1つの絞るデータとなるのではないでしょうか。

強い血統は?

過去10年での注目血統は、
やはり洋芝でのレースとなるため、

割と偏ってくるところです。

まず過去からも押さえておきたいのが、

  • ナスルーラ系統
  • ビッグアーサー
  • サクラバクシンオー
  • ミスプロ系統

 
どちらかが入っているタイプが、
ほとんど着内にきている印象があります。

ただ父血統としては割とバラバラで、
ミスプロ以外のものとしては読みにくく、

この辺りは単純に函館の短距離血統としても強い血統でもあります。

  • ダイワメジャー
  • ミッキーアイル
  • ジョーカプチーノ
  • キズナ
  • ジャスタウェイ

 
など狙っていいと思います。

これらを満たした対象馬さんとしては、

  • チークタイム
  • キンシャサノキセキ×母父エイシンフラッシュ
  • ルージュレベッカ
  • キズナ×母父Luhuk(ミスプロ)
  • ロータスワンド
  • ロードカナロア×母父サクラバクシンオー
  • バスターコール
  • ルーラーシップ×母父フジキセキ
  • ベアゴーゴー
  • ロードカナロア×母父Danzig系統

 
この5頭は向いてそうなお馬さんで、
想定人気も高いことからも、

函館の芝には合っている可能性も高いですね

また未知数なところとしては、

  • クールベイビー
  • アルアイン×母父ケイトホーム

 
アルアイン産駒がまだ未知数な中で、
ミスプロ保持ということでちょっと注目しています…!!

donchan-img
どんちゃん

外国の競馬場でも勝てそうなお馬さんだね..!

 

上がり3Fのタイム

やはりある程度の力を示してほしいところで、
前走上がり3Fのタイム1位のお馬さん

この末脚の強さは特に新馬では分かりやすく、
短距離のレースにおいても見ておきたいポイントとなっています。

対象馬さんとしては、

  • アガシ
  • クールベイビー
  • スカイキャンバス
  • ゼルトザーム
  • ナスティウェザー
  • ベアゴーゴー
  • レガテアドール

 
逃げても最速を出すお馬さんもいて、
独自能力にはしっかり目をつけていきましょう。

まとめ:2023年”函館2歳S”の穴馬予想
過去データから勝てる血統やレース傾向を分析

 
色々な面から函館2歳Sを考察しました!

まだデータが揃っていない2歳の重賞で、
相手関係もしっかりしていないので、

レースをしっかり見れば穴馬さんも導き出せるでしょう

前走などみることはもちろんですが、
血統などのデータでも潜在能力が見えてきます。

使えるデータは全て使って、
2023年の勝てる馬券も狙っていきましょう!

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

 
などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”函館2歳S”

当ブログの狙いたい馬さんとしては、

  • ベアゴーゴー
  • クールベイビー
  • ロータスワンド

 
この辺りは枠などによっては狙えそうです。

それ以外はまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!