どんちゃんの競馬研究所 馬体診断が得意!

《血統分析も》”京王杯SC”の過去データから2023年有利枠や穴馬予想!

重賞レース診断

 
こんにちは!

どんちゃんの競馬研究所!
管理人のどんちゃんと言います!

さあ今回分析していこうと思うのは、
東京競馬場での安田記念の前哨戦でもあります。

”京王杯SC”のレース傾向を分析します!

繰り返して重賞で使われるコースでの、
珍しい1400mのレースとなります。

過去レースを見てみますと、
荒れる結果は少なく人気馬に信頼を置けることがわかります

過去データから血統分析や有利枠などにより、
2023年の穴馬から馬券予想もしていこうと思います。

ということで今回も、

  • コースから読み取るレースの傾向
  • 有利枠は存在しているのか
  • データからオカルト予想を

この3点を解説してまいります!

donchan-img
どんちゃん

競馬データサイエンティストの腕の見せ所よ!

 

”京王杯SC”の穴馬さんは?
過去データで2023年のレースの傾向を予想

 
まず京王杯SCとは、
5月に東京競馬場で開催される
1400mのG2重賞レースです。

安田記念の前哨戦となっていまして、
マイラーもいっぱい出てくる中で、

200m短い1400mということで、
短距離からの出走も目立つレースとなっています

非根幹距離となっていることからも、
マイルG1の前哨とは思えないようなレースとなるでしょう。

データを駆使して勝てるお馬さんを導き出しましょう。

donchan-img
どんちゃん

重賞では珍しい東京1400m…!

 

東京競馬場のコース特徴は、
別記事にてまとめています。

やはり東京競馬場といえば長い直線。
この辺りも重要な点となってくるでしょう。

 ➡︎ 東京競馬場のコース特徴はこちらから

”京王杯SC”のレース傾向

まずこのレースのペース傾向としては、
最後の直線に持ち込みたいお馬さんも多くいて、

ポジション争いは割と早く済むので、
スロー〜ミドルペースとなりやすいです。

ただし東京の1400mのコースは、
スタートしてからの直線が短く坂となり、
最後の直線は長いので、

差からスローペースとなっているだけで、
その一瞬はハイペースなポジション争いとなっています

とは言え直線での余力も必要なので、
この間の攻防が割と大事になってきます。

まだ芝自体もそこまで荒れていないので、
内の綺麗なところをロスなく進み、

直線では余裕を持って進んで行ったお馬さん

ここに注目していきたいところです。

”京王杯SC”のお馬さん傾向

東京の最後の直線がありますので、
末脚は最低限必要となってくるのはわかります

ただそれ以上に、
粘り強く走りぬけるスタミナも必要となります

実際スプリンター路線のお馬さんは、
ここでは結果が出にくく、

この特殊な1400mを得意としてるお馬さん。

マイラースプリンター

そんな絶妙な力が必要となります。

後ろからの末脚も届きづらいので、
道中折り合いをつけ中団から差しを決めるお馬さん

1400m戦いを熟知したお馬さんを狙っていきたいですね。

有利枠からの分析

それでは有利枠の分析。
過去10年のデータからみていきます。

  • 1枠 0–0–2-14
  • 2枠 0–1–2-13
  • 3枠 1–0–3-13
  • 4枠 0–2-1-16 
  • 5枠 4-0–0-16 
  • 6枠 1-2–1-16
  • 7枠 2-2–1-18
  • 8枠 2-3–0-19

まず気になるのは、
この異常に外枠によった数字ですが、

ヨーイドンで外枠の馬も前に出てきて
一気に進出するお馬さんが多くいるため

内に入ってしまうと、
馬群に埋もれてしまいがちになります。

お馬さんの傾向でもいった通り、
後ろすぎる差しは届きにくい傾向にありますので、

差し馬が内枠に入ってしまった場合。
直線で道がなく強いお馬さんでも2〜5着と、

読みきれない結果となることも多いです。

そのため少しロスしてでも、
外枠から進出した方が勝率が高いということです

したがって強い枠は、

  • 5枠8枠7枠

人気馬さんが多いこともありますが、
中団差しが決まることまで考えると、

中枠あたりが一番攻めやすいのはみてわかります

そしてこの枠とは言えども、
頭数が違ってくるレースがありますので、

馬番としては、
9〜13あたりに結果がよく見えるので、

ここから考えてみるのもいいと思います。

そして弱い枠は、

  • 1枠2枠3枠

とにかく内からどんどん不利になっていて、
出足がなければ1枠は戦い方の選択もしにくい枠です

少しでも内があくレースならいいですが、
あまりそうなることもないので、

1、2枠は特にマイナスで見ておきましょう。

donchan-img
どんちゃん

枠がかなり大事になりそうだよ…!

 

”京王杯SC”で狙える得意騎手は

やはり東京競馬場の特徴があれば、
得意な騎手さんが出てきたりします。

そんな部分をまとめてみます。

まずは一番押さえておきたい騎手さんは、

  • 戸崎圭太騎手
  • 東京といえばと言われることもあった騎手さん
  • 過去3年連続馬券内になったこともあるレース

毎年東京競馬場では、
ルメール騎手と争う騎手さんです!

最近は不調も運のなさも見えますが、
このような騎手さんは忘れた頃にやってくるのです…

次に狙いたい騎手さんは、

  • 横山和生騎手
  • 実は東京では着実に勝率を積み上げています
  • 重賞でもいつも惜しい結果を…!

今年の東京は勝ってきています。
回収率も高いので狙ってみてもいい..!

最後に穴目として狙いたい。

  • 三浦皇成騎手
  • 東京1400〜1600mは庭と思えるぐらいの成績
  • どこかで狙えるチャンスはくる!!

筆者が好きな騎手さんで、
力は申し分ない上に得意な競馬場。

東京では狙っていいと思っています。

donchan-img
どんちゃん

やる気をオーラで感じ取ってみよう..!

 

”京王杯SC”での血統の考え方とは
過去データと傾向から考えるオカルト穴馬予想

 
さてここからは少し。
競馬界でいうオカルト買い

のようなデータを見ていきましょう!
東京競馬場は1年を通して使われるコースですので、

ここでオカルトを見つけておくと、
1つの勝ちパターンを作れるかもしれません。

騎手さんの得意な勝ち方に合う競馬場と、
こんな考えも面白いかもしれません…!

  • 過去の実績は
  • 強い血統は?
  • 前レースとの関係性

この3点見てみましょう!
JRAの本家分析はこちら!

過去の実績

まずは公式のデータからみていきますと、

  1. 年明け以降JRA重賞で6着以内
  2. G1で8着以内の実績
  3. 1年以内の東京15頭以上のレースで2着以内

この3つのデータから考えていきます。

ちょっと緩いデータではありますので、
①を5着以内②を5着以内

こちらで分析していきます。

対象馬さんとしては、

  • ゾンニッヒ
  • ウインマーベル
  • グラスミヤラビ
  • ダディーズビビッド
  • ダノンスコーピオン 
  • トゥラヴェスーラ ①②
  • ピクシーナイト
  • ラウダシオン
  • レイモンドバローズ
  • レッドモンレーブ
  • ロードマックス

かなりバラけましたので、
あまり絞れるデータではありませんでしたが、

最近結果が出ているお馬さんと、
過去G1レースでも好走していたお馬さんと絞っているので、

この中から勝ち馬が出る可能性は大いにあるでしょう。

強い血統は

ここで一番注目したい血統が、
まずここ最近の結果をみてみますと、

  • ミスプロ系統
  • ロードカナロア産駒

ここが間違いなく狙いどころだと思います。

産駒でも母父でも満遍なく入ってきていて、
サンデーサイレンスを凌ぐものがあります。

とは言え東京競馬場ということなので、
全体のレース傾向から、

  • イスラボニータ産駒
  • ロベルト系統

この辺りは合わせて押さえておきたいです。
これらの傾向からどちらかというとパワーに寄った血統。

この考えをもとに選定していきます。

対象馬さんとしては、

  • プルパレイ
  • イスラボニータ×母父ミスプロ系統
  • タイムトゥヘヴン
  • ロードカナロア×母父アドマイヤベガ
  • ダノンスコーピオン
  • ロードカナロア×母父Sadller’s Wells系統
  • レッドモンレーヴ
  • ロードカナロア×母父ディープインパクト
  • ウインマーベル
  • アイルハヴアナザー×母父フジキセキ(イスラボニータ父)

これらは特に注目です。
あとロベルト系統は判断が難しいのですが、

  • ピクシーナイト
  • モーリス×母父キングヘイロー
  • ホープフルサイン
  • モンテロッソ×母父グラスワンダー

 

こちらもパワーを感じる血統なので、
合わせてみておくといいでしょう!

前レースとの関係性

前レースとの関係性としては、
4択ぐらいしか見えないのですが、

  • 高松宮記念
  • 東京新聞杯
  • 京都牝馬S
  • ダービ卿CT

この4つからの参戦で勝っているお馬さんが多く、
安田記念に向かうとしてもいい感覚なのかもしれません。

この対象馬さんとしては、

  • 高松宮記念
  • トゥラヴェスーラ 3着
  • ウインマーベル 10着
  • ダディーズビビッド 11着
  • ピクシーナイト 13着
  • ダービー卿CT
  • ゾンニッヒ 3着
  • ミッキーブリランテ 6着
  • レッドモンレーヴ 7着
  • タイムトゥヘヴン 9着
  • ベレヌス 14着
  • 東京新聞杯
  • 対象馬なし
  • 京都牝馬S
  • 対象馬なし

特に上位に入ったお馬さんと、
負けた理由がはっきりしているお馬さん。

  • トゥラヴェスーラ
  • ゾンニッヒ
  • レッドモンレーヴ

 

この3頭は狙っていきたいところです。

まとめ:2023年”京王杯SC”の予想
過去データから血統やレース傾向を分析

 
色々な面から京王杯SCを考察しました!

また東京競馬場を使うレースということで、
データは毎週毎週溜まっていくものもあって、

馬場状況でも判断する必要があります

データをしっかり固めつつ、
この状況に合っているのはどのお馬さんか。

すり合わせていくことで、
穴馬さんを見つけ出すこともできるでしょう。

ラップタイム分析もしているので、
そちらもぜひご覧ください。

これだけのデータを用意しておけば、

  • 当日のパドック
  • 前日まで追い切り
  • 最終公開馬体

などでお馬さんのやる気を確認するだけです!!

競馬は調べれば調べるほど面白いので、
色々なパターンを捉えていきましょう!

2023年の”京王杯SC”

ちょっとまだ決まってませんので、
前日までにTwitterで印を公開します!

ほとんどの重賞を予想しているので、
よかったら参考にしてみてください。

フォローは下のボタンからでも行うか、
@don_donkibackを検索してよろしくお願いします!

Twitterでは直前のパドック情報を呟いたり、
たまに穴馬情報を無料で公開したりしますので、

一緒に楽しんでいただける方を探しています!

それでは明日もいい競馬ライフを!!